コミックス10巻が発売されています。

 

ビルの屋上で、瀬戸が経典の漫画を落とし、ヘリに乗り込んでいる浅田は拾えと叫びます。

春樹がZQN化し、キズキは泣いていました。

巨大ZQNが近寄ってきて、英雄は発砲をしているというところが前回でした。

 

スポンサードリンク



 

コロリ隊長にライフルを向ける英雄。

 

「バッテリースイッチON! プライムフュエルポンプON!」

 

深呼吸する英雄。

 

「ファデックON!]

 

はー、すー、

ws000047

ズダンッ

 

英雄はコロリ隊長に向かって発砲します。

 

スコープの中でコロリ体調がのけぞって倒れます。

 

腹部に当たっているようです。

 

英雄「くっ! バイタルゾーンを外したか!?」

 

コロリ隊長が倒れたのを見て、コロリ隊の女子の身体が膨張しだします。

 

「たたいいいちょちょおおおお」

 

おばちゃん「っ!?」

 

スコップクルス「ハハハ、こっち側へようこそ!」

 

ビリビリ、もりもり音を立てながら身体が膨れて顔も歪んでいくコロリ女子。

 

スコップクルス「こりゃスゴイな、、、早く合体しようぜ」

ws000046

膨れ上がりながらコロリ女子がスコップクルスの頭を右手でつかみます。

 

スコップ「おっ、、、」

 

と、いきなり、コロリ女子の手がスコップクルスの頭部を握りつぶします。

 

首が亡くなって倒れるスコップクルス。

 

コロリ女子の右手の中で、崇が顔を出しています。

 

「ああ、、、また、、、食べられるのか、、、、いや、、、だなあ、、、、」

 

ぶよぶよに膨張したコロリ女子がスコップクルスの頭部を崇ごと口に入れます。

 

一方瀬戸、、、

 

「おい、ガキ! 大丈夫か。ケガしてるのか?」

 

スポンサードリンク

子供「ううん、おなか空いて動けない、、、」

 

瀬戸「おいおい、今はガマンしろ立てって!」

ws000045

見ると巨大ZQNが屋上に乗り上げています。

 

子供「え? うわっ!!」

 

瀬戸「また一匹出てきた!、、、ホラ、おんぶしてやるから!」

 

瀬戸は子供を背中におぶいます。

 

ヘリの中から浅田が叫びます。

 

「おいっ、アホ! そんなガキに価値はねえんだ! それより経典持って来いって! 今なら漢文いしてやるぞ!、、、ダメか、、、」

 

浅田は、落ちている経典を見ます。

 

「30メートルくらいか、、、近くて遠い距離だぜ。」

ws000044

ヘリを飛ばす準備をしている苫米地。

 

浅田「おっさん1分だけ待ってくれ! 離陸すんじゃねえぞ。わかったな?」

 

苫米地「前方クリア! 知らんよ。こっちは準備が出来たら勝手に飛ぶ、、、好きにしろ。」

 

 

浅田はヘリから飛び降ります。

 

「俺は伝説を作る!」

 

走って経典を拾います。

 

「よし! はは、、、これで経典がそろった。ははは、、、浅田教の世界不況への一歩が今、この瞬間から始まるんだ、、、どれどれ?」

 

輪ゴムを外して経典を開こうとする浅田。

 

中にはベジタンというタイトルの漫画が入っています。

 

浅田「ベジタン、、、え? 何? ベジタンって、、、なんなのこれ?」

ws000043

マンガはどうも経典とは関係ないようです。

 

 

原案 鼻糞林檎(鈴木英雄)と書いてあります。

 

浅田「原案、、、鼻糞? 鈴木って誰だよ?、、、、ふーん。コロリに騙されてたってわけね、、、この俺が、、、!」

 

ふと見ると、さっき矢に刺されたギャルが立って筒形の武器を浅田に向けています。

 

顔を見るとZQN化しているようです。

 

浅田「おお、、、生きてたんだお前、良かったじゃん! その物騒なのこっち向けんなよ危ねーから! ホラ、一緒にヘリで逃げようぜ! お前も幹部にしてやるからよ!」

 

一方スコープで屋上を見ている英雄。

 

スコープの中では、首のないスコップクルスの身体が倒れています。

 

「なにが起きた? 死んでるのか? わっ、またバケモノが増えてる!?」

ws000042

コロリ隊女子のZQNは巨大化しています。

 

スコップクルスの頭を食べているのですが、自分の右手も口に入れたままです。

 

おばちゃん「自分の腕も食べてるのか?」

 

 

そして、コロリ隊長は、倒れてますが、目が開いています。

 

 

「まだ、生きてましゅね。」

 

つづく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク