【前回まで】

橘の古巣である武蔵野との試合が続きます。

 

エスペリオンはロングボールを回す戦略を変えてショートパスを回そうとしますが、武蔵野の金田と武藤に先制点を取られます。

 

エスペリオンの伊達コーチは中盤に選手を集め、ダイレクトサッカーを徹底するように指示します。

 

スポンサードリンク



橘は自分を信頼してスタメンに起用してくれた伊達コーチに報いようと考えます。

 

※祝! 連載100回!

 

【今回】

伊達コーチ「決して逃げるな! ダイレクトサッカーを徹底しろ!」

武蔵野の選手(クソ、、、中盤にこれだけ人数を集められたら、、、さすがに簡単には防げない、、、!)

 

金田「何やってるッ、さっさと奪えバカヤロー! こんな原始的なサッカー相手によおッ!」

 

武蔵野の選手「うるせえクソッ、、、ちったあ守備しやがれってんだ!」

 

金子記者「良いぞ! ボールつながるようになってきたっ! まだ前半30分! 0-1なんてすぐひっくり返せるよ!」

 

武藤「ハイプレス! 足を止めるな!」

 

エスペリオンがボールを回してアシトにボールが渡ります。

 

アシト(点を取りたい! こんだけ前がかりに攻めるサッカーなら、ディフェンダーのオレにも得点のチャンス、、、必ずある!、、、ゴールに向かえるっていうのが本当に、、、嬉しい!)

 

そのとき、アシトの視界に橘が入ります。

 

橘はボールを渡すように要求しています。

 

アシトがはっとした瞬間に武蔵野の選手がボールを奪います。

 

武藤「よし奪った! 向こうは守備2枚しか残ってない。カウンターだ!」

 

金子記者「もおお! 武蔵野の連動がハンパない! アッと言う間に修正してくるもん」

 

菅原(望コーチの読み通り、ゴールには迫れた! だがそこからあと一歩、、、あと一歩足りない!)

 

朝利(アイディアか? 技術か? その両方とも僕たちが勝ってるはずなのに、、、一体何が足りないんだ)

「カウンター来るぞ!」「エスペリオン全然人数足りてない!」

 

金田「ボールよこせ!」

 

そこにボールを持っている武藤に橘がスライディングしてきます。

 

「う、、、奪った!」

 

観客「ノーファール!?」「も、もう戻ったの?」

 

橘がボールを持って走ります。

 

(殻を打ち破りたいんだ、、、俺は! 俺は!)

 

金田「止めろお前ら! そいつに決められたらお前ら一番惨めだろうが! プライドにかけて潰せやコラア!」

 

橘に対して武蔵野の選手二人が向かいます。

 

杏里「武蔵野、中は人数足りてます! 強引な突破は厳しいですよ!」

 

菅原「こっち戻せ橘!」(なんで戻さないんだあいつ! いつもならすぐに、、、)

 

スポンサードリンク

橘(いつもなら戻す、、、ボールを奪われるようなリスクと向き合いたくない、、、)

 

橘はボールをさばいて武蔵野の二人を抜きます。

杏里「マルセイユルーレット!」

 

大友「うおおおおっ! 橘!」

 

アシト(すげえ、、、橘。今のセレクション時にも一度見た、、、あれ以来だ。)

「今日は、ノッてるんやな、、、橘!」

 

大友(ここから走って粘って、、、クロスを入れる! ゴール前にフリーで走り込め橘! お前に点を取らせてやれる、、、!)

 

そのとき、武蔵野の選手が橘の横についてきます。

 

橘はとっさにボールをパスし、大友が取りに行きます。

 

大友(う、、、パスが強い! 届くか、、、、!)

 

「くあああ!」

 

大友は足の先でボールをはじきます。

 

ボールはコーナーの方に飛んでいき、外に出そうになります。

 

橘(気持ちでここまで持ってきた、、、気持ちでは足りないのかッ、、)

 

そこにアシトが走り込んでコーナーギリギリでボールを蹴り戻します。

ボールはゴール前に浮かびます。

 

浮いたーボールはわずかにバーの上に外れそうになります。

 

武蔵野キーパー(良かった、、、今度こそ出、、、)

 

しかし、飛び上がった橘が入ってきます。

 

そして、ボールを叩き落としてシュートが決まります。

つづく。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサードリンク