【前回まで】

対武蔵野戦。

 

エスペリオンは、武蔵野の金田と武藤のコンビネーションで先制点を取られてしまいます。

 

伊達コーチはダイレクトサッカーを続けるように指示します。

 

これに対して、橘は執念で1点を取り返しました。

 

スポンサードリンク



【今回】

ゴールする直前の橘の回想。

アシトがコーナーギリギリでボールを蹴り戻します。

 

(一つ思い出したことがある)

 

(技術や執念で圧倒するフォワードを見て、、、俺はただ落ち込むだけだった)

 

アシトはボールをフィールド内に蹴り戻して叫びます「誰がやめるかああああ!」

 

(アシト、お前には、、、あのセレクションのときからずっと、、、)

 

(あきらめず困難に突き進むお前の姿に、勇気をもらっていた)

 

(どうやったら、お前みたいになれる。)

 

(オレが初めて憧れた選手は、お前だよ。アシト。)

橘がゴールを決めます。

 

大友「うおおおお! 橘ーーー!」

 

菅原「なんてゴールだお前、、、すごい、すごいぞお!、、、今季初得点、、、なんてゴール決めやがる!」

 

 

冨樫「へっ。ようやく決めやがったか。あの野郎」

 

大友「やったぞー橘! やったやった!」

 

橘「入った、、、入ったのか、、、」

 

伊達コーチは橘に向かって親指を立てています。

 

橘「うおおおおおおっ!」

 

金田『役立たずども」

 

 

アシト「良かったなあ橘、、、良かったなあ!」

 

武蔵野の佐伯監督「、、、1番ウチがショックを受ける相手に決められたな」

 

 

試合が再開されます。

 

冨樫「よこせオラアッ」

 

冨樫がボールを奪い橘の方にパスを出します。

 

橘は武蔵野の選手にフェイントをかけてパスを受けます。

 

スポンサードリンク

そのままドリブルで突き進む橘。

 

「橘、カットインに来たぞ!」

 

「中央に人数そろってない! そこから中に入れるな!」

 

しかし橘は突き進みます。

 

橘(、、、もう、取られる気がしない!)

武蔵野の選手(くそっ、橘がうまいのは俺達が一番わかってるんだ、、、それが吹っ切れたような顔で攻めてきやがって、、、、)

 

橘はまた一人ドリブルで抜きます。

 

 

金子記者「す、すごいじゃん。橘君! 全然ボール取られない。あれだったら自分でゴール狙うだけじゃなくて、、攻めの起点にだってなれる!」

 

 

姉の都も見ています(総一朗、、、!)

 

橘のマークについている武蔵野の選手(そうだ、、、うまかったんだ、昔から橘は、、、ポストプレーもチーム1だった、、、なんでもやれる橘が乗ってる、、、これ以上ゴール前で自由にさせたくねえ!)

 

競り合っている橘(、、、わかる、、、伝わる。、、、武蔵野のみんながオレのことを怖がっている!)

 

竹島「武蔵野、得点されて足並みが乱れ出した! 橘がキープしてる間に、、、」

 

アシトが大友に声をかけます「大友! 左空いた!」

 

大友が橘の左側に飛び出します。

 

アシト「橘!」

 

橘(そうか。そうか、、、! わかったぞ! フィールドでの恐怖心は諸刃の剣なんだ、、、!)

橘はマークしている選手をかわします。

 

武蔵野キーパー(やめろ、前を向かせるな!)

「絶対っ撃たせるな!」

 

橘はそこで左にボールをけり出します。

 

そして、そこにはアシトが走り込んでいます。大友には武蔵野のマークがついていますがアシトの後です。

 

橘(フィールドでの恐怖は、、、、フィールドで飲み克服できる。克服できれば、今度は恐怖を敵に芽生えさせることができるんだ!)

 

観客「うわああ、サイドバックが抜け出した!」「フリーだ!」

アシト(橘! お前に勇気をもらったぞ! 点だ! 俺も点を取る!)

 

アシトがシュートします。

 

つづく。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサードリンク