【前回まで】 対武蔵野戦。   金田と武藤のコンビネーションで先制されたエスペリオン。   これに橘が執念で一点を取り返しスランプを脱します。   橘に影響されたアシトも点を取ろうと頑張ります。   スポンサードリンク 【今回】 アシト(行ける、、、点を取れる。コーチングして、前の選手を導いてゴールまでボールを運んで、、、)   エスペリオンの選手がゴール前でヘディングしますが惜しくも入りません。   大友「大丈夫大丈夫! 流れは俺達に来てる! 仕切り直してもう一回攻めようぜ」   アシト(フィニッシャーの位置に自分を持って来れば、、、サイドバックでも点を取れる!)     金田は佐伯監督の方を見ています。   佐伯監督はハンドサインで何やら武蔵野の選手たちに指示を出しています。 冨樫がボールをとります。   アシト「よし冨樫、放り込んでこい!」 アシト(中盤に人数をそろえるまでは同じ。今度もそこから組み立てる!」   大友「え?」   何やら武蔵野の陣形が変わっています。   金子記者「な、なんじゃあの武蔵野の陣形、、、!、、、ゴールキーパー一人を残して残り10人をすべて前に、、、押し上げてきた」 杏里「なんて極端なハイライン!」     ボールは黒田にわたり、武蔵野の選手二人がプレスをかけてきます。   黒田(やることが極端だなこのチーム、、、でも確かに10人に押し上げてこられた分、ハイプレスに来る人数が増えた!)   アシト「慌てるな黒田! くれ!」   黒田はアシトにパスします。   アシト(そうとも、慌てなくていい。武蔵野がやりてえことはわかる。自陣ゴール前に閉じこもらず、撃って出るハイプレスサッカー、、、それが武蔵野の持ち味、、、中盤に人数を集めた俺達に、人数で対抗! 数には数でってことだろ?)   アシト(でも! やり過ぎだ!)  
スポンサードリンク
武蔵野の選手が上がっているためにゴール前が大きく開いています。   アシト(あそこまでデカいスペース後ろに空けて恐怖を感じないわけがねえ! ただでさえ圧されている武蔵野、、、これで前に集中できねえだろう。)   アシトが大友にパスを出し、大友から橘の前にパスが抜けます。   アシト「よっしゃ!」   しかし、審判が旗を上げます。   「オフサイド!」 アシト「くっ、、」   大友「す、すまん橘! ちょっとタイミング早かった!」   橘「ドンマイ、ドンマイ!」   しかし、その後のエスペリオンのパスはまたオフサイドをとられます。   アシト(そうか、、これか。もう一つあった武蔵野の狙いは!)   アシトは武蔵野のハイラインについて一つは10人が前にでることで中盤に人数が増えることと分析します。   アシト(中盤で俺達にロングボールを拾われる可能性を抑える!)   そしてさらに、二つ目の武蔵野の狙いについても分析しています。   (オフサイドトラップ、、、!、、、俺達がロングボールや抜け出しをかけてもオフサイドを狙って封じ込めようってことだ、、、!)     、、、ボールはエスペリオン菅原が持っています。 菅原(中盤では、まだこっちがボールを取れてる。だから、、オフサイドの網さえ潜り抜ければ、、、)     そこにアシトが声をかけて菅原は橘にパスを出します。   そして橘は、相手の魔他の舌を抜いてボールを前に出し、アシトが追いつきます。   杏里「抜け出したあ!」   オフサイドもありません。   アシト(攻める! 攻める! オレが点を取れる!)   しかし、そこに武藤がおいついてきて強引にアシトからボールを奪い返します。 佐伯監督「よし! ここだ。やれ武藤!」   武藤は大きくボールをエスペリオン陣地に向けて蹴りだします。   つづく。   最後まで読んでいただいてありがとうございました。   スポンサードリンク