【前回まで】

対武蔵野戦。

 

金田と武藤のコンビで1点を先制され、橘が1点を取り返したエスペリオン。

 

武蔵野は佐伯監督の指示で全員が極端に上がってくるハイラインの陣形をとります。

 

【今回】

武藤がアシトからボールを奪いボールをけり出します。

佐伯監督「よし! ここだ。やれ、武藤!」

(橘の復活は見事。そして橘という前戦の起点ができたことで、エスペリオンは攻勢に転じた。だが、不安定なことに変わりはない。エスペリオンには付け入るべき穴が、まだ、ある)

 
スポンサードリンク



ボールは金田が取り、冨樫と竹島がつきます。

 

金子記者「うああああ。縦ぽんで抜け出された! なんて良いとこ出してくるんだあ!」

 

金田がボール前に迫り、エスペリオンのキーパーも前に出てきます。

 

金田(、、、今日は、、、力んでるのか、ボールが浮く。力むなや。力むな。今日という日に懸けてきたんだろう。オレは。)

 

金田はキーパーの股の間を抜くボールを蹴ります。

ボールは静かにゴールに入ります。

 

金田「おおおおお!」

 

2対1で武蔵野のリードになります。

 

金子記者「なんだよもお、ものすごい攻めてたのに、、、こんなあっけなく、、、」

 

竹島は地面をたたいて悔しがります「クソッ!」

 

アシトも茫然として立っています「ダイレクトサッカーでカウンター狙ってた俺達が、カウンターで決められた、、、」

 

試合が再開されます。

大友「大丈夫大丈夫! 縦ポン一発たまたま入っただけだ! オレらの勢いならすぐに逆転できる、、、行こうぜ!」

 

朝利がボールを持ちますがすぐに武蔵野の選手にボールを取られてしまいます。

 

大友「バ、バカ。取られるな。」(相手はハイラインで来てんだぞ、ここで取られたら、、、、)

 

 

ハイラインの武蔵野が一気にエスペリオン陣地になだれ込みます。

 

アシト(オレが武藤に奪われてカウンター決められた、、、責任を感じる! だが言っても仕方ねえ。ここは武蔵野の勢いを止めねーと、、、)

 

 

佐伯監督「、、、うまくいったな。カウンター一発を狙うためのハイライン。良くやったぞみんな。リスクが強すぎて、怖くてしかたなかったろうが、リスクを冒せ、初志貫徹、、、これが武蔵野のサッカーだ。やり切ってみせた。その効果は絶大だ。」

 

 

、、、金子記者と杏里と一緒に試合を見ている橘の姉、都。

「完全に虚をつかれた。ダイレクトサッカーで攻めてたのに、ダイレクトサッカーで返されて得点される。自分たちがやろうとした戦術で、そっくりそのまま得点される。これがどれほどショックなことか、、、」

 

杏里「まとめ上げる選手がいないエスペリオンは尚更、、、、混乱状態におちいっています。」

 
スポンサードリンク



竹島(主義が機能していない!)

 

冨樫(頭が働いてねーじゃねえか、、、こいつら何やってやがる)

 

竹島「それでも凌ぎきるしかない! 時間的にこれがラストプレーだ。ゴール前固めて奪ったら即外に出せ!」

 

武藤がボールを持っています。

 

アシトは武藤の動きを読んで別選手のマークにつきます。

 

武藤(くそ! 塩巻使おうと思ったが寄せられた。どうする、、、)

 

武藤はついさっき金田とした会話を回想します。

武藤「こいつら必ずミスをする。確実にゴールに送ってくれ金田」

金田「俺からも一つ頼みが。武藤さん。カウンター狙いのロングパスでもゴール前のパスでもあそこの二人のちょうど間を狙って入れてくれませんか。」

武藤「、、、あそこの二人?」

金田「センターバックの二人、多分、、、連携が取れていない。」

 

、、、武藤は冨樫と竹島の方向に向かって金田にパスを出します。

 

金田(どうやって俺は、あそこから這い上がった? 得点だ。得点しか、自分を慰める手立てがない。自分が決めるために、全ての試合においてゴールから逆算し、自分をどこに配置すべきか考えた。突破に少しでも足りない能力を自覚すると、、、日々の練習で死ぬ気でカバーした。ゴールへの執念、執念、おかげで今の俺は、、、敵の守備のほんの少しのよどみすら、見逃さなくなった、、、)

 

金田は冨樫と竹島を振り切りながらシュートし、ボールはキーパーの右手をすり抜けます。

 

ホイッスルが鳴り響きます。

 

、、、、福田監督と花が室内で話しています。

 

福田「歓声と同時に前半終了か。追加点奪われたかな? もし入ってたら正直厳しい。凌げてたら挽回できるかもしれないが。」

 

花「本当か? また、一方的に攻められていたけど、、、どうすりゃいいってんだ兄イ?」

福田「ロッカールームだ。立て直せる人間は一人だけだ。15分のミーティングでそいつがどうチームを引っ張り上げるのか、、、見届けに行こうぜ。」

 

つづく。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

スポンサードリンク