【前回まで】

対武蔵野戦が続いています。

 

武蔵野の金田と武藤は、センターバックの二人(富樫と竹島)の連携が取れていないと気づきます。

 

そして、ダイレクトサッカーで攻めていたのにダイレクトサッカーで点を取られるエスペリオン。2対1で武蔵野にリードされます。

 

さらに金田がシュートを撃ちます。

 

そこで、前半終了のホイッスルが鳴ります。

 

福田監督は、「立て直せる人間は一人だけだ」と言います。

 

スポンサードリンク



【今回】

金田のシュート、、、

 

ロッカー室へ向かう福田監督(、、、追加点を奪われたら厳しい。一点差ならまだ勝機はある。点を奪われず前半を終えることができれば、、、)

 

キーパーの横をすり抜けるボールを黒田がスライディングしてはじきます。黒田は額をゴールポストに打ち付けます。

 

そこでホイッスルが鳴ります。

 

「く、、、黒田ナイスクリアー!」

「追加点は奪われなかった!」

 

倒れた黒田に駆け寄る竹島やアシト。

 

「黒田!」

 

「頭から血イ出てるぞ、、、」

 

 

「きみ大丈夫か!」

 

「タンカ! タンカください!」

 

金田は地面を蹴って悔しがります。

 

アシト(ゴールへの、、、なんて執念だ、、、金田!)

 

ハーフタイムに入り室内へ移動する選手たち。

 

アシト(、、、金田、1年で、1年でよくぞ、ここまで、、、俺は、お前を、尊敬する。)

 

アシトたちは福田監督がいる事に気づきます。

 

大友「ふ、福田監督?」

 

菅原「監督、、、」

金子記者「お、お疲れ様です、みんなー。」

 

福田「望。ミーティングの前にちょっといいか?」

 

福田監督は伊達コーチとどこかへ行きます。

 

アシトはモンモンとして妄想します(やっぱフォワードはアシトじゃなきゃだめじゃー)

 

杏里がアシトに話しかけます。

 

「青井選手、大丈夫です。青井選手、本当に良く頑張っています。わ、私は知ってますから、、、、」

 

 

ロッカールームで腰かけている冨樫(クソッタレが、、、撃つ前の金田を俺は後ろから倒した、、、PKになってた可能性がある。プレーが続いたんで運よく流されたが結局シュートまで持ち込まれてんじゃねえか、、、! しかも、、、ヤツ(黒田)に助けられた、、、)

 

ロッカールームに月島コーチが入ってきます。

 

島「黒田は、、、」

 

月島「沼津くんを準備させてる。頭から流血してたからね。」

竹島「立て直そう。とにかく、、黒田がカラダ張って追加点を防いだんだ。公判の守備陣は絶対失点しちゃいけない、、、! 金田以外は抑えられてる。カウンターに気をつけりゃ、、」

スポンサードリンク

朝利「その金田が厄介なんじゃないか! なんなんだアレは、、、技術があるわけでもない、足も特に速くない。なのに、ボールを持ったら、、、ヘビのような執着心でゴールを狙ってくる。セレクションに落ちた選手のくせに、こっちの方がうまいのは間違いないのに、、、理解できない!」

 

冨樫「理解できねえとサッカーできなくなるんだっけ、お前ら。めでてえな」

 

朝利「冨樫、竹島。キミたち二人だ。情けないぞ! あんな奴に何度も裏取られて、、、俺達サイドバックは上がるって作戦なんだ。残った君らが護り切らないとどうしようもないじゃないか! 後ろがこれだけ不安定だと、前がかりに攻めるなんて怖くてできない!」

 

 

大友「お前こそ朝利。変な場所でボール奪われて、、、」

 

朝利「あんな極端なハイプレスサッカー、どこかで奪われるのは仕方ないだろ! この作戦の要はセンターバックの二人なんだ。最後の鍵さえ閉めてればリードされるなんて展開は、、、」

 

大友「無責任なこと言ってんなよ朝利!」

菅原「やめろ、お前ら!」

 

伊達コーチがロッカールームに入ってきます「それは違う、朝利。、、、竹島と富樫が連動しきれてないのは私も把握している。だが、スタメン発表をしたとき私はこう言った。これがこのチームのベストメンバーだ。」

 

静まり返るロッカールーム。

 

伊達「ディフェンダーはどうしても、、、失点シーンだけを切り取られてしまう。だが、私はわかっている。皆が出払った広大な自陣で多人数を相手に要所を抑え、コーチングを織り交ぜボールを奪う。オフ・ザ・ボールの効果的な動きがあってこそだ。、、、そして良質なロングフィードの数々。今日の攻撃の基点は、、、彼ら二人であり続けているよ。ディフェンダーとしての総合力。竹島と富樫はやはりこのチームで圧倒的に上なんだ。今日の不慣れな捨て身のサッカー。彼ら二人でなければ、、、もっと点を取られていただろう。」

 

 

竹島(望さん、、、、)

 

伊達「だからこそ私は見たい。完璧に連動した君たちを。」

 

竹島「、、、冨樫、、、俺の考えを聞いてくれ。」

 

扉が開いて頭に包帯を巻いた黒田が入ってきます。

黒田「、、、僕も。僕も話に。」

 

 

アシト「く、、、黒田?」

 

黒田「ボクは出る!」

 

冨樫「、、、!!」

 

つづく。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

スポンサードリンク