【前回まで】 対武蔵野戦が続きます。   エスペリオンが2対1で負け越したまま後半戦が始まりました。   冨樫は自分を理解してくれる伊達コーチに応えようとして金田を止めに行きます。   意地を張っていた冨樫ですが竹島との関係も改善します。   そして、冨樫はゴール前に迫った金田を体をぶつけて強引に止めます。   スポンサードリンク 【今回】 客席。   花「お、多恵じゃないか。一人で観てるのか?」   花はアイスを食べながら杏里に話しかけます。「なあ、今どうなってるんだ?」 橘の姉の都「ねえ! エスペリオン、、、ハーフタイムで何があったの?」   エスペリオンのゴール前には冨樫と竹島がいます。   武蔵野のボールですが、黒田がぴったりとつきます。   竹島「俺だ!」   武蔵野のボールホルダーに竹島のついてきます。   金田「ばか野郎! 挟まれるんじゃねえっ! そうなる前にオレに出すんだよ!」   しかし、金田の後には冨樫がついています。   焦る武蔵野の選手たち。   武藤がボールを蹴り、エスペリオンのゴール方向に飛んでいきます。   武藤「後藤! ポストプレーだ! ヘディングで競り勝て!」   武蔵野の後藤が飛びますが冨樫も同時に飛んでヘディングします。   後藤「ぐおおお!」 ボールは、黒田が拾いました。   客席の金子記者「ホ、、、本当にすごいよ! 急にどうしたの?」   杏里「いえ、、、練習でも一度も見たことありません。チャレンジアンドカバーを回し合って、守備でトライアングルを形成してます!」   審判が笛を吹きます。   審判「痛んでる! 試合を止めなさい。」   武蔵野の選手が膝をついています。   竹島「なんだよクソ! いいトコ入ったのに、、、」   菅原「冨樫! 竹島! 黒田! お前らすごい! すごいぞ!」  
スポンサードリンク
冨樫(、、、気色悪リー、こいつら二人のプレーの意図が全部伝わってきやがる。竹島だけじゃなく黒田までも、、、)   竹島が冨樫に話しかけてきます。「地味に青井の言葉が一番頭から離れねえよ。」 冨樫「ああん?」   竹島「相手になりきってプレーしてほしい。青井の言う通りなりきってみたら、とんでもねえ。、、、冨樫、お前、、、多分今まで俺が組んだサイドバックの中でも一番、、、、」     冨樫「、、、」   竹島とにらみ合う冨樫。   冨樫「、、、黒田。てめーのプレーよお、全部意味があんだな。ちょいと観察しただけで、エラい数の意味でプレーが固められてんのがわかる。無駄に動く時間が一度もねえ。ただの一度もだ。」   黒田「、、、普通そうなんじゃないの?」   冨樫「いいや。テメエのは極端だね。理屈お化けだなクックッ。」   黒田「、、、」   冨樫「ブレねえな。テメエは。ガキの頃から、、、大したもんだ」   客席「お、、おい。見ろ、、、すげーぞ。黒田と富樫がちゃんと話をしてる。」「やべえ、、、カメラ持って来たらよかった。」   コーチ「おい、始まるぞ! 給水ちゃんとしておけ!」 竹島がコーチからドリンクを受け取ります。   竹島が冨樫に話します「テメエにイラついてんのは変わんねえからな。冨樫。、、、今度帰省中にテメエんち見つけ出して、ピンポンダッシュしてやらあ」   竹島からドリンクを受け取る冨樫「、、、フン」   冨樫は飲んでいたドリンクを黒田に投げてその場を立ち去ります。     一人でつぶやく黒田「ブレないのは、君もだよ。冨樫、、、」     試合が再開されます。   金田はボールを持って冨樫の方に突っ込んできます。   佐伯監督「ばか、、、」(この一年の集大成だったフィジカル、、、正面から跳ね返されたことにショックを受けているのか、、、)   しかし、金田は正面を避け冨樫の左に回ります。   そこをアシトがぶつかってボールを奪いクリアします。 金田「ぬあ!」   アシト「金田。お前逃げると思った。、、、思った通りの場所に逃げてくれた」   金田「何イイイイイ!」   アシト「次は、俺達の番だ」   つづく。   最後まで読んでいただいてありがとうございました。   スポンサードリンク