【前回まで】

対武蔵野戦。

 

エスペリオンは2対1で負け越したまま折り返します。

 

ハーフタイムで話し合ったエスペリオン。冨樫、竹島、黒田は頼関係を作っていきます。

 

思い通りにならなくなってきた武蔵野の金田は焦ります。

 
スポンサードリンク



【今回】

審判が金田に駆け寄ります。

 

審判「フェアプレーで返したボールを狙うのはダメだ! 反則じゃないがマナーとして、、、聞いてるのか!」

 

金田「うるせえな。わかってるよッ!」

審判は金田にイエローカードを出します。

 

武蔵野コーチ「か、金田ア! 何やってるんだ!」

 

アシト「、、、金田。前半までのお前を尊敬してた。でも、もう戻ったんか。あの1年前に、、、」

 

金田「アア~!?」

 

アシト「俺達の番だ。、、、俺達の番だ!」

 

観戦している花「、、、頑張れ。負けるな。力の限り。」

 

試合が再開されます。

 

竹島がボールを蹴り、大友にわたります。

 

大友「行くぞーオラア!」

 

観客「え、、、エスペリオン、、、なんて勢いだ。」

都「守備が安定すると、、、自信を持って攻められる。守備からチームを立て直した!」

 

武藤「慌てるな! 今はエスペリオンの時間帯だ。ハイラインは封印だ。引いて耐えろ!」

 

アシト(守備は完璧にやれ。守備、、、今の冨樫と竹島、、、そして、黒田の連係なら、俺はサポートの立場で動けばいい。縦ぽん一発入っても、俺達が戻るまでの時間を必ず稼いでくれる。圧倒的な存在感。攻めたいとかじゃねえ、それだけ今のあいつらが心強いってこと、、、! だとしたら次は、、、)

 

伊達コーチの方を見るアシト。

 

伊達コーチ「朝利!」

 

菅原「クソ、、、ガチガチに引いてやがるこいつら、、、!」

 

橘が声をかけます「菅原さん、、、く、、、!」(俺にはマークが二枚か、、、!)

 

スポンサードリンク

 

武蔵野の選手(リードしてるのはこっちなんだ! 今は攻められなくても、、、耐えればまだチャンスはある!)

 

大友(ちっくしょおー、ここまで引かれるとな、、、こいつら守備の連係しっかりしてるし、どうすりゃいいんだ?)

 

そこにアシトが駆け出します。

 

「な? なんだエスペリオン、こいつら、、、」

 

 

杏里(両サイドバックを、、、、)

都(前戦の、、、ウイングの位置まで上げた!)

 

金田「な、なめてやがる! サイドバックが守備を完全に捨てやがった! 今のうちだ! 奪って早く俺にボールを、、、、」

 

金田の後には冨樫が立っています。

 

 

上がってきたアシト(ああ、、、懐かしい位置や、、、ここ。やっぱ、ええなあ、、、)

 

アシトを見る武藤(なんだ、、、アイツ、、、なんでそんな目をしてるんだ、、、!)

 

アシトは穏やかに微笑んでいます。

 

中野(両サイドバックがウイングの位置って、、、青井君は僕がマークに行くべきか、、、?)

 

 

武藤が中のに声をかけます「俺がアシトのマークにつく! お前らは今の位置でプレーしろ!」

 

アシトは福田監督の言葉を思い出します(淀みだ。わかるか? 一選手じゃなく陣形全体で見た時の淀み。、、、、)

 

アシト(いい言葉やな、、、なんかフに落ちた気がするぞ。頭ん中が整理された。Aに上がれば、ああいう話毎日聞けるようになるなかな、、、いいな、、、)

 

全体を眺めるアシト。

 

アシト(うおおお、! また、気持ち悪いことに、、、セレクションや成京戦の時と同じ、、、いや、あの時よりもっと、、、鮮明にはっきり見える。)

 

武藤(、、、こいつ、どう動く気だ? あのミッドフィルダー(大友)は、さっきからこいつ(アシト)を使いたがっている。でも、縦に抜け出そうとするならオフサイドの網にかければいい、、、横に入ってきたら囲んで潰す。サイドバックが考えなしに上がったって、、、機能なんてしないことを思い知らせてやる、、、!)

 

武藤の前でアシトが一瞬揺れて走り出します。

武藤「え?」

 

大友「え。」

 

走るアシト「、、、淀み、、、淀み。」

 

 

つづく。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 
スポンサードリンク