前回は、アシトたちが三鷹で、武蔵野の金田と会ったところでした。   金田は、エスペリオンの入団試験のことを覚えていて、かなりアシトたちに恨みをもっているようでした。   スポンサードリンク   エスペリオン会議室。     伊達望コーチがみんなに説明しています。   伊達「次の都リーグ第7節、多摩体育大付属戦。スタメンに大幅な変更があった。意図を説明する。     ボードにはポジションが書かれており、アシトは左サイドバックのスタメンです。 ws000021 伊達「首位の武蔵野と当たる前の大事な一戦だ。5連敗だけは阻止せねばならん。勝ち点3を積むために攻撃的な布陣を敷く」   菅原を左サイドバックに置いていたが、特異な右サイドハーフに戻し、大友が左サイドハーフに入ることに。   伊達「以前から大友には、中盤の左右どちらでもやれるよう経験させたいと思っていた。慣れんだろうが全力でやれ」   大友は嬉しいのか、口を開いてボードを見つめています。   伊達「そして、ワントップに、、、」   ボードには、ワントップに義経と書かれています。   義経健太「ええー、みんなのキャプテン義経健太ですー。おいらケガの経過も順調。だけど試合勘が戻ってない。ので、Bの試合で調整させてくださ、、、、、」   みんなびっくりしています。     義経「出る限りはー、勝つぞー。うおおおおー」   大友(す、、、すげえ。去年のプレミアリーグ得点王にして、、エスぺリオンユースの主将を務める義経さんがフォワードに!)   一色「ったく、、、せっかく義経が入って万全の布陣だっていうのに、、ここにきてなんだあいつが、、、サイドバックなんだよ、、、」   一色は、アシトがサイドバックに入っていることに不満があるようです。   アシトは、金田に言われたことを思い出しています。   (青井ィ、、左サイドバックならマッチアップできるじゃねーか。絶対出てこい。叩き潰してやるよ) ws000020 拳を握るアシト。     、、、、多摩体育大付属との試合の当日、グラウンド、、、、、     「おい! 青井はどうした!」   富樫「落ち着かねえってずっと外周してるぜ」   「バカ言え、2時間後に試合だってのに体力使い果たす気か!」   大友「いやああ、アイツ前からそうらしいんすよ。考え事があるとき延々と走るんですって!」   義経「それで集中できんの? じゃあよござんす。」 ws000019 大友(プレーを間近で見れるのは嬉しいけど。ホント変わってんなあ、、、)   先輩「富樫、わかってるだろうな。望さんの話、、、、」   打ち合わせの回想、、、、   伊達「続いてディフェンダー。富樫は福田の指示を忠実に守ってるな。」   富樫「ああ、守備が万全になるまでは攻撃はするなってな。」  
スポンサードリンク
伊達「そこは評価する。おまえの正確にしてはよく我慢している。今回も同じだ。守備に意識を置け。まず守る責めるのはそれから。」   富樫「エイエイ。わかってるよ。」   伊達「青井もだ。、、、まずは守備だ。両サイドバック、よく考えて動け。」   先輩「そういうことだよ。今回は義経さんがいる。ディフェンダー陣がムリをしなくても必ず点は入る」「わかったな」 ws000018 富樫「そうかい? 俺ァ伊達さんの話は、、、守備さえできりゃ、攻めてもいいってとらえたぜ。だって、攻撃的布陣って言ったんだぜ。今日のメンバーのことをよ。」   先輩「ったく。青井だけじゃない。お雨ら1年ホント大丈夫なんだろうな? あそこにいる橘を見ろ。」   橘はゴール前でうつむいて座っています。   「あいつ、せっかく使ってもらってるのにあんな状態で試合できるのか? 何があったのか知らんが、前以上に落ち込んでいるようだ!」   「ただ、1番の心配はやっぱり、、、青井君のサイドバックだ。なぜ望コーチは、ここで青井君を起用したんだろう?」     一方、アシト、、、、   住宅街のを走っています。   よこから海堂杏里がメガホンで声をかけています。   「ただちにやめてくださーい! 試合前に走り込みって何を考えているんですか?」   杏里は、走るアシトにやめるように言い続けます。   「ここで結果を残さないと、また何試合も使ってもらえませんよ?」   アシトは、走りながら回想しています。 ws000017フォワードとして使えないと言われたこと。   栗林のプレーを見て首振りを始めたこと。   そして、金田に言われたこと。   杏里「あっ、そういえば。花さんから連絡あって、今日の試合観にこられるそうですよ。」   立ち止まるアシト。     「それだ、、、、、、オレ、嬉しいんだ今。」   アシトはサイドバックになって、もやもやしてきたが、ここでスタメンになって嬉しいと言います。   「サイドバックなのに、すげえぞこれ。嬉しい。どういうことだ。びっくりだ、これ、、、、そうか、花くんのか。そうか。みっともねーとこ、見せらんねーな!」 ws000016 アシトは会場に戻っていきます。   杏里「なんで、花さんの名前でそれを思い出すんですか、、、、」   アシトは会場に戻りながら考えます。   (あんなに嫌だったのに、この嬉しいって気持ちはウソじゃねえ! 今なら何か、起こせそうな気がする。やってやる!)     つづく。     最後まで読んでいただきありがとうございました。   スポンサードリンク