多摩大付属戦。

 

Aチームから合流した義経がレベル違いのプレーを見せて前半1点先制したエスペリオン。

 

しかし、後半早々に富樫と竹島の「お見合い」で1点とられてしまったのが前回まででした。

 

怒るアシト。

「全員で守らなきゃいけねえんだ! 今日だけはなんとしても勝たなきゃいけねえんだ!」

ws000062

竹島と富樫をにらみます。

 
スポンサードリンク



富樫「ち、、、」

 

竹島「富樫、、、試合が終わったら話がある。だけど今は試合中だ。青井の言う通り、、、勝つために全力でやるぞ。」

 

 

一方、大友。

「くそお。追いつかれた、、、何やってんだよ竹島と富樫の奴、、、、」

 

 

一色が倒れていて、交代するようです。

 

 

伊達コーチは、Bチーム2年の沼津を代わりに入れます。

 

沼津に何やら話している伊達コーチ。

 

沼津「、、、え?」

ws000061

 

多摩体側の掛け声「よーし、この調子だ! 多摩体! つまらないミスでユース気圧されてる! 一気に逆転してやれ!」

 

一色のかわりに入った沼津が清水と富樫、それにアシトに何やら指示をしています。

 

アシト「、、、え?」

 

相手チーム選手「よーし、行くぞ! もう一点とって逆転だ!」「義経へのマークは怠るな!」

 

相手選手(ディフェンダーのミスで失点、、、センターバックの急な交代、、、エスペリオンの守備陣はガタガタだ! オレ達多摩体は一気にプレスをかけてボールを奪う!)

 

沼津と清水がボールを回します。

 

相手選手「お、おい、ちょっと待て!」

(こいつら、システム変更しやがった。)

 

エスペリオンはシステムを変えたようです。

 

 

少し前の、沼津がアシトに話しかける回想、、、、、

 

沼津「一色に代わって入った沼津は、そのままセンターバックの位置に。ボランチの清水をディフェンダーラインまで下げる。ディフェンダーは、竹島、沼津、清水の3バックとなる。その分、浮いた両サイドバックを、、、、」

ws000060

沼津「上がれ。いいから富樫とお前は上がれ。望さんの指示だ。サイドバックなんだから守備のケアは変わらず頼むぜ、、、その上で上がれ。後、、、そうだ。望さんからお前に伝言。守備から攻撃と言っても180度やり方が変わるなんて思うな、守備で学んだことを攻撃に活かせ、だそうだ」

 

 

アシト(上がっていいんか、、、点を取りに行っていいって、、、!)

 

立ち尽くすアシト。

 

 

観客として見ている海堂杏里。

(後半途中からの大胆なシステム変更、、、大丈夫なんですか望コーチ?)

 

スポンサードリンク

 

相手選手「苦し紛れだな! 浮足立ってるのが見え見えだぜ!」

 

富樫は思い切り走って上がっていきます。

 

アシト(上がれる、、、、! 行こう、、、! 上がって点を取りに行こう! 嬉しい、、めちゃくちゃうれしい!)

ws000059

(だけど、、、こんな後ろから、どうやって攻めるんだ? 守備のケアもあるんや、、、攻めたい、攻めれるのは嬉しい。でも組み立て方がわからん! むやみに上がっていいのか?)

 

そのときボールを持っている大友が声をかけてきます。

 

「アシト! 行こうぜ! 近くにいてフォローしてくれ! 一定のスペース保ってついて来てくれよ!」

 

アシト(お、大友!)

 

そこに義経も近づいて来て手を上げます。

 

大友、アシト、義経とパスを回す3人。

 

相手「さっさと奪え! 急なシステム変更に混乱してるからパス回すしかねえんだ!」

 

義経のバックパスでさらに前に出て行く大友。

 

それを見ている望コーチと月島コーチ。

 

月島「同点の展開は想定内。一色のけがは誤算で、、、タイミングは少し早まったけど、この時間でもシステム変更は予定通り。あとは選手が同くみ取るかだよね、望。彼らの成長に期待しよう。」

 

アシト(思い出したこの感じ、、、トライアングル!)

ws000058

 

アシトは成京戦での浅利と黒田とのトライアングルを思い出しています。

 

(あんときと違うのは、今の俺は浅利の位置にいるってことだ。)

 

 

義経からボールを受け取った大友に声をかけるアシト。

「大友! 横から来てる戻せ!」

 

大友は義経にボールを戻します。

 

アシトは同時に走りこんで義経の横に行きます。

 

「義経さん!」

 

義経がそれを聞いてアシトにパスします。

 

 

アシト(お前とは通じ合える。通じてくれ、、、俺の、、、)

 

大友(パス? パス出したいのか? アシト。どこだ? あそこか?)

 

 

大友は瞬時にアシトの考えを呼んで走り出します。

 

 

観客の花。

「楽しんでる、、、キミを見るのは、とても楽しい。」

ws000057

大友へのパスが通ります。

 

絶好の位置でフリーです。

 

アシト(後ろにいる俺、、、後ろにいるからこそ、前の選手の目になってやれる! 見えないところを指示して、、、導いて点を取る!)

 

 

つづく。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク