多摩体戦。

 

前回は、富樫と竹島のお見合いで一点を奪われ同点になり、その後、アシトと大友と義経でトライアングルを作って進んで行きました。

 

そして、アシトから大友へ絶好のパスを出したところまででした。

 

杏里(ノールックパス、、、通った!)

 
スポンサードリンク



大友は絶好の位置でフリーです。

 

大友(撃てる!)

 

しかし、アシトが叫びます。

「撃つな!」

 

大友が一瞬止まったところで横に相手チームの選手が滑りこんできます。

相手選手(くそ! 死角から突っ込んだのに、すんでで蹴るのを止めやがった、、、)

 

 

大友(あ、危ねえ、斜め後ろから。見えてなかった、、、、でもおかげで、シュートフェイントっぽくなった!)

走り出す大友。

 

シュートを撃ちますがキーパーに右手ではじかれます。

 

大友「あああああん!」

 

相手チームの選手がクリアしようとボールを蹴りますが思うようにクリアできないようです。

 

 

浮いたボールは、、、、

 

アシトの頭上に飛んできました。

 

アシトは回想します。

 

義経に「11人の中の一人じゃない。お前がちょいと羨ましい」と言われたこと。

(サッカーは、みんな11人の中の一人やないか、、、、義経さん、、、あれはどういう意味やったんや?)

 

ボールを見るアシト。

(ダイレクトで撃てる、、、成京戦のゴールと一緒だ、あの時よりだいぶ遠いけど、、、、撃てる、、、オレが撃てる!)

しかし、アシトは周囲を確認します。

 

(橘! フリーだ! 絶好の位置、、、オレが強引に撃つより橘にパスを、、、それにこの手もある。ダイレクトじゃなく、軽く右に出す)

 

(なら密集地帯を避けて、しかもオレが撃てる、、、オレが撃てる!)

 

アシトはさらに栗林の言葉を思い出します「間違いないと思える手を4つ、そのうちから一つを、、、、」

 

ボールがアシトの前に落ちました。

 

アシトはそのボールを、、、、ゴール前の富樫のほうに蹴ります。

 

富樫は高く飛びヘディングでボールをゴールの右端に撃ちます。

 

パサッ

スポンサードリンク

キーパーは間に合わずボールがネットに触れました。

 

富樫「おうらあああ!」

 

「うおおお」「富樫!」「最高だお前!」

 

大友「後ろからくるボールだったのに、、、、すごい高さのヘディングだぜこんちくしょー!」

 

竹島「サイドバックのくせに点決めやがった!」

 

 

金子記者が杏里に話しかけます「サイドバックが、サイドバックを、アシスト、、、、偶然でもめずらし、、、:」

 

杏里は呆然とグラウンドを見ています。

 

大友「アシト!お前もナイスアシストだったぞ! 富樫を狙ったタマだったのかあれ!」

 

富樫はアシトの方を見て親指を立てます。

 

アシト(富樫の高さが、一番得点に近い気がした。)

 

橘もアシトに近寄ってきます。「アシト、、、ナイスアシスト、、、」

 

アシト「橘、なんでボーッとしてたんだ? もう体半分下がらないと、、、だったらお前に、、、、オフサイドポジションだよ。お前がいたとこ。」

 

茫然と立ち尽くす橘。

 

一方、花。

(また、あの、、、危うい雰囲気だ。落ち着いてほしいんだけど、、、でも、、、)

 

花は杏里に「サッカーのこと全然知らないですよね。」と言われたことを思い出します。

 

(私にはわからない世界だ、どうせ)

 

花は立ち去ろうとしますが、金子記者が声をかけてきます。

 

「あっきみー、帰るの? せっかく勝ち越し点入ったところなのに、、、ちょっと待って。」

 

 

金子記者は写真を取り出して花に渡します。

写真はフェンス越しにボールを渡すアシトと花です。

 

「この前のいい写真撮れたの! 隠し撮りしてごめんね、案内のお礼にと思って、2枚! 青井選手にも渡しておいてね、ありがと」

 

 

伊達コーチと月島

 

伊達は呆然としています。

 

月島「一体、、、何なんだ彼は、望。数分前まで全然駄目な動きだったのに、何がキッカケなのか、別人みたいにプレーが良くなる。伸びるのは良いことだ。でも指導者として、、、どこまで計算して彼に接してるんだい。望?」

 

伊達は答えません。

 

「計算なんて言い方やめろよ月島」

振り向くと福田監督がいます。

 

福田「計算ができないからおもしろいんじゃないか、ユースは。」

 

つづく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク