【前回まで】

橘の古巣である武蔵野戦を控えて、冨樫の過去が描かれています。

 

小学6年のときにエスペリオンジュニアに練習生として参加した冨樫。

 

最終日の練習試合でエスペリオンジュニアのメンバーが視察に来ているジュニアユースの監督のことを気にしながらプレーしているのに気づきます。

 

冨樫は黒田の胸倉をつかみ「上の人間がいるときはプレーを変えるってのは、どういう理屈なんだよ、ええオラ。」とつっかかっていったのが前回まででした。

【今回】

冨樫が黒田の胸倉をつかんで揉めているのを審判が止めに来ます。

 
スポンサードリンク




「味方同士で何をもめてるんだ。やめなさい!」

 

遊馬「な、何してんじゃお前ら、、、」

 

黒田「俺は別に、、、」

 

冨樫は竹島にも怒鳴ります。

「テメエもだ赤毛。なんでディフェンスライン押し上げてこねえ! 押してる時に自陣に張り付く意味ねえだろ。追加点叩き込んで一気に勝負決めるんだよ!」

竹島は笑います。「こっちはこれだけ押してる、、、だとすると警戒すんのはカウンターだ。もし縦ポン一発は言ったら惨めに失点。それだけはガマンできない。」

 

黒田「点取るだけがサッカーじゃないんだよ?」

 

冨樫「カッコつけんじゃねえよ。前の試合じゃ上がってたじゃねーか。赤毛、てめえ、、、今日てめえがあがらねえのはジュニアユースの監督が来てるから。違うんかよ?」

 

審判「早く戻れ君達!」

 

竹島「、、、そんなことはねえ。とにかく守備が俺の生きる道だ。プロになるための。お前みたいに点取りたくてサッカーしてるなんて気分はとっくに終わってんだよ。俺達は、、、」

 

黒田「今日僕が撃ったのもそのほうが確実だったから。それだけなんだよ。」

 

冨樫「、、、テメエらってよお、、、プロになるためにサッカーやってんだな。」

 

黒田「それ以外何が、、、」

 

冨樫「勝つためじゃねえんだな」

観客の中には子供のころの海堂杏里も見に来ているようです。

 

杏里「じい。あれは何をもめてるんですか?」

 

じい「さあー。」

 

視察に来ているジュニアユースの監督達も話しています。

 

「いやあ、あの練習生の子、気性が荒くてね。、、、黒田のゴール、自分で決めたかったとかそんなとこじゃないですか。」

 

監督「、、、そんなことで、、、サッカー以前の問題があるとちょっとな。」

 

試合が続きます。

 

竹島(みんな全力でやってる。手を抜いてるヤツは一人もいねえ。なのに、何をいちゃもんつけてきたんだ。あいつ?)

 

竹島「おい! お前らうかつに上がるなよ!」

 

竹島(勝つためにやってるに決まってんじゃねーか! 俺がここで守備ラインを引き締めてチームを勝たせるんだ!、、、特に今日は、、、)

 
スポンサードリンク




竹島はジュニアユースの監督の方をチラ見します。

 

竹島(、、、特に、今日は、、、?)

竹島は黒田の目を合わせます。

 

竹島が考えているすきに相手チームのパスが通って抜かれてしまいます。

 

竹島「し、しまった!」

 

島が相手チームのボールホルダーに近付いて行きます。

 

竹島「そのまま抑えこめ島! 見方戻るまで無理に取りに行くなよ!」

 

しかし、島はボールを取りに行きます。

 

相手選手「わわっ。」

 

ボールはこぼれてエスペリオンのゴール前に転がっていきます。

 

そこに相手チームの選手が走り込みシュートしますが、竹島が突っ込んでブロックします。

 

さらにこぼれたボールを相手チームの別の選手がシュートに来ます。

 

ボールは浮いてゴールポストギリギリに飛んでいきます。

 

竹島は必死にボールを負います。

 

竹島(ポスト、、、キーパーも含めて3人もボールに向かってる。危ない! この勢いだと、クリアできても自分がポストか味方に、、、激突する、、、!?)

 

3人とも直前でボールを負うのを止めてしまいます。

 

 

その瞬間、富樫が走り込んでヘディングでボールをゴールからそらします。

冨樫はそのままゴール内の地面に突っ込みます。

 

冨樫「がっ!」

 

「おおお、ナイスカバー冨樫!」

 

審判「大丈夫かきみ!」

 

冨樫は起き上がりながら言います。

 

「けがをしない。プロになる。勝つ。この順番だよっ、お前らアカデミーのサッカーは。この順番守るために、どっかで差し引きしながらサッカーやってるんだ、、、」

 

竹島「何言ってやがるんだてめえ、、、」

 

冨樫「でも一番反吐が出るのが、その自覚がねえことだ。、、、自分らの弱さに気づいてねえ。この一戦で生きるか死ぬかって試合が来た時、テメエらみたいなのが役に立つとは思えねえ、、、」

黒田「生きるか死ぬかの試合ってなんだよ?、、、ていうか僕らがプロになることを優先してサッカーしてるとして何が悪いの?、、、少なくとも僕は、プロになれないならその瞬間自分の人生は終わりと思ってる。プロになるために、今ある時間を、試合を、練習を、、、どう使うか全力で考えてる。」

 

黒田「人生を賭けてる。僕らは背負ってるものが違うんだ、、、!」

 

冨樫「くだらねーサッカーに、人生かけたもんだなア」

 

竹島「テメエー!」

 

、、、現在のエスペリオンユースの寮の部屋。

 

遊馬の話を聞いていたアシトたち。

 

大友「どっちの言うことも、わかるっつーか、、、考えさせられんな、これ。、、、でも冨樫にゃ悪いけど、、、やっぱ黒田の言うことの方が正しいと思う。」

 

橘「、、、同じく。」

大友「プロにならなきゃしょうがねえよ。打算的に考えたとしても広い視野でサッカーしねえと。」

 

アシト「今日の武蔵野の強さは、富樫のほうの強さだった。、、、正しい正しくないじゃない。俺は強くありたい。強いのは冨樫のほうだ、、、!」

 

つづく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク