【前回まで】

橘の古巣である武蔵野戦が始まりました。

 

武蔵野のハイプレスサッカーに対しロングボールを回して技術で押すエスペリオンですが、なぜか武蔵野の選手たちは落ち着いています。

 

【今回】
スポンサードリンク




(武蔵野のハイプレスに対して、、、こっちは精度の高いダイレクトサッカー、、、今んとこ見事にハマってる!)

 

ロアン(試合開始から10分、、、ずっと俺達のペース、、、早く先制点を!)

武蔵野のキャプテン武藤が佐竹監督と目を合わせます。

 

ボールは、アシトのところに飛んできます。

 

アシト「よっしゃあ、きたあ。本日二発目の、、、」

(、、、の前に、アイコンタクト)

 

黒田とアイコンタクトをとるアシト。

 

アシト(ボールの中心を叩くように、、、叩くように!)

 

アシトがロングボールを蹴ります。

 

アシト「うっしゃあ! ドンピシャ!」

 

黒田(よし! いいスペースを選んだぞ青井君! ナイスパス、、、)

 

しかし、黒田の前に武蔵野の選手が回り込んでボールを取られます。

 

アシト「あ、アレ?」

カウンターでボールはエスペリオンのゴール前まで転がってきます。

 

冨樫が武蔵野の選手を強引にブロックしてボールを取ります。

 

アシト「ナ、、、ナイス冨樫! さすがだぜ!」

 

武藤「行くな!」

 

武藤がハイプレスをかけようとするチームメートを止めます。

 

冨樫「オラア!」

 

金子記者「わ、すごい勢いのパス。でも、、、めっちゃいい場所に出そう! みんな走り込め!」

 

橘(富樫、、、やっぱり上手い!Bチーム1のキック力を持つ脚、、、反面繊細なパスコントロールも併せ持ってる!、、、俺の動き出しもハマった! 追いつける)

 

しかし、そこに武蔵野の中野が入ってきてボールを取られます。

 

武藤「中野!」

 

中野はすかさず武藤にパスを出します。

 

アシトは月島コーチの言葉を思い出します。

(武蔵野のスイッチが切り替わるときは彼にボールを経由させる場合が多い)

 

武藤はまっすぐにパスを出し、それに金田がとります。

 

アシトが後ろからスライディングして金田を止めます。

アシト(あ、、、危なかった、、、! もし倒さなかったら! 今の金田になら、確実に決められた! ハッキリとゴールの場面が見えた!)

 

金田「フ」

スポンサードリンク

 

審判が笛を吹き、アシトにイエローカードが出されます。

 

武蔵野のフリーキックです。

 

ゴール前に集まるエスペリオンのメンバーたち。

 

アシト「ク、、、クソオー、すまねえ!」

 

大友「いいっていいって! 守ろうとした結果じゃねーか。」

 

アシト(イエローか、少し落ち着いてプレーしなきゃいけなくなった。でもそれより、、、)

 

アシト「大友、、、なんかさっきおかしくなかったか?、、、なんか、急にこいつら、、、」

 

アシトはなぜロングボールが通らなくなったのかと考えます。

 

武藤の声がアシトに聞こえます。

 

「向こうのフォワード、、、橘と12番を残してるな。フリーキックなのに守備をやりに戻ってこない。ロングボールでカウンターを狙う気だ。気をつけろ。」

 

武蔵野の選手がフリーキックを蹴りますが、これはゴールの右側に外れます。

 

今度はアシトは武藤が金田に声をかけているのを目にします。

 

(なんや、、、? この胸騒ぎ、、武蔵野のキャプテン、あんとき,金田と仲悪そうに見えたのに、、、)

 

 

黒田「もう、多分通用しない。ただのダイレクトサッカーは」

 

アシト「黒田?」

 

黒田「武蔵野はこの5~10分でサッカーを修正してきた。僕らのダイレクトサッカーに合わせて、、、一歩分だけ上がらず待ち構えたり、ボールが蹴られた瞬間の動き出しを意識的に早くしたり。それを全員が全員実行して合わせてきてる。」

 

アシト「全員が全員、、、急にそんな合わせてこれるもんか?」

 

黒田「ちょっと戦っただけでわかった。10番、、、彼だ。武藤千秋。素晴らしい司令塔だね。」

アシト「し、司令塔、、、?」

 

つづく。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 
スポンサードリンク