アオアシが面白い!

現在スピリッツで連載中のサッカー漫画「アオアシ」。

 

スポンサードリンク



これが面白くて毎週楽しみにしています。

 

あらすじ

愛媛県でサッカーをしていた中学3年生の青井葦人(アオイアシト)。

ws000052

偶然、東京シティエスペリオンユースの監督福田達也の目にとまり、エスペリオンユースの入団試験(セレクション)を受けに行くことになります。

 

セレクションに合格したアシトは、愛媛を離れて上京し、エスペリオンユースでの寮生活が始まります。

 

名門サッカーチームの中で、実力の違いなど自分の欠点を感じながらが、一生懸命に練習して成長していくアシト。

 

そんなある日、アシトは福田からフォワードからサイドバックへの転向を告げられます。

 

ショックを受けるアシトでしたが、練習を続けサイドバックとして試合に出場していくというところまでいっています。

 

アオアシの面白さ!

アオアシの中では、サッカーに関して選手が考えているテクニックや戦術が詳細に描かれています。

 

主人公のアシトは、エスペリオンユースの中で、一つ一つ感じながらそれを学びとっていきます。

 

その過程がとてもリアルで面白いです。

 

エスペリオンというチームを舞台に、若い時から「サッカーエリート」の人たちがどのような生活をしているかもリアルに見れて興味深いです。

ws000051

 

また、裕福ではないアシトの母親が、アシトにサッカーをさせる環境を与えてやろうとし、それに対して感謝するアシトの姿なども感動的に描かれます。

 

サッカーでの成長面では、自分には才能がないのではないかと傷つきながらも練習を続けていくアシトの姿も感動的です。

 

さらには、エスぺリオンユースの先輩なども、レベルの高さなどから格好良く描かれます。

 

スポンサードリンク

このあたりもとても面白いです。

 

また、福田監督の義理の妹である一条花、エスペリオンオーナーの娘の海堂杏里なども登場して華が添えられます。

 

おすすめシーン

個人的なおすすめシーンをいくつかご紹介します。

 

まずは、コミックス第1巻で福田監督が、アシトの才能に驚くシーンです。

 

福田監督はアシトに「戦術がない」事を見抜きますが、「なぜかボールを拾う。」と言い、アシトにそれを尋ねます。

 

その過程で福田監督は、アシトがフィールド上の選手の位置をすべて覚えていたことに驚くシーンです。

 

福田はこのとき、セレクションを受けることをアシトに勧めます。

ws000047

 

セレクションでゴールを決め、その後の面接で福田監督に、

 

「この試験に受かっても受からなくても、、、、俺は絶対プロになるぞ!!!」と言うアシト。

ws000048

 

上京する電車の中で母親からの手紙を開くアシト。

 

手紙には、アシトがプロになろうとなるまいと関係ない、どうでもいい、

「そんなんなくっても、あんたはとっくに、あたしの誇り。」と書かれていました。

 

手紙を見て泣くアシト。

ws000049

 

 

エスペリオンユースに入って、基礎的な力の差を感じ、自信を失いかけるアシト。

 

大友、橘、富樫たちが協力してアシトの練習に付き合ってくれます。

ws000050

 

まだまだサッカーの技術に関してアシトが気付いて行くシーンなど好きなシーンはありますが、またの機会にしたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

スポンサードリンク