深夜のDL学園、音の森。

 

門松はひとりで戻ってきました。

 

狩野「門松、なんで一人やねん、、、モーリーは?、、、おい、聞いてんのか!?モアイ」

 

門松「帰った。」

 

狩野「えっ」

 

門松「アイツはもう戻らねえ」

ws000001

午前0時12分。

 

狩野と丸井、南、花本は音の森の中で話しています。

 

 
スポンサードリンク



南「毛利は調子乗りやけど、戦力としてはバツグンや、、、アイツがやめたらオレらにとってはだいぶ痛いぞ」

 

狩野たちは、なぜ毛利が抜けたのだろうと話します。

 

私学大会でも、活躍して二年でれぎゅーらも見えていたのに、、、

 

同時刻の洗濯場。

 

門松と鬼頭がたまたま出会います。

 

門松「、、、テメエここで何してんだ?」

 

鬼頭「ちゃうねん。門松さんー聞いてくださいよー。脱走するとこ寮監にバレたんすよ! 次のチャンス見て脱走するしかないっすねー。門松さんたちも失敗っすか? あれ? 相方さんは?」

 

門松は無言のまま立ち去ります。

 

鬼頭(毛利だけか、、、あと一人)

 

ws000002

雨の中の練習場。

 

海宝が選手に話しています。

 

「兵安との決勝まであと3日や! 気合入ってるか?」

 

ハイ!っと答える選手たち。

 

スポンサードリンク

海宝「好投手平からよお売った。でも次はもっととらなアカン」

 

海宝は話を続けます。

 

金川が投げない分攻撃陣が助けないといけないこと、

 

更なる平攻略が必要なこと。

 

海宝の分析は、平は制球がよく、テイクバックが小さくタイミングがとりづらいということ。

ws000003

さらに球種が4つ。特にチェンジアップがやっかいで前回はこれを待ち切れずに打ち損じが目立った。

 

海宝「その課題さえクリアすればもっと点は取れる。せやろ?」

 

海宝はそのために仮想平の秘密兵器を用意したという。

 

 

海宝「おい電人! 準備ええか?」

 

ws000004

変なヘルメットを被った二人が出てきます。

 

金川(メガネおかしいし、ビビビビ言うてるし。しばたろか!?アイツラ)

 

烏丸(電人って何じゃ?)

 

海宝の掛け声で投球する二人の電人。

 

金川たち(クリソツ!! 平に激似!! 電人エグい!9

 

海宝「どや一週間かけて密かにつくった電人Mと電人Yや!ビシバシやろ!!」

 

海宝は電人の説明をします。

 

平の140キロを想定して、2メートル近くから投げさせ、5球中2球はチェンジアップを入れる。

5球ごとに交代させること。

 

海宝「トップを作るのが遅れたら速い球に差し込まれる。足を踏み込みしっかり壁作らな、ゆるい球にも対応できひん」

 

「ポイントは体の軸をしっかり保つこと。ガンガン回っていいイメージ体にすりこめ!」

 

烏丸がバッターに立ちます。

 

電人のヘルメットの中で球種が支持されているようです。

 

3球目。烏丸はチェンジアップを見事に打ち返します。

 

ws000005

狩野(やっぱすげーな烏丸さん。海宝さんに言われたことすぐ実践してチームに背中見せる、、、練習の時も誰よりも重圧背負ってやってはる。これがDL学園のキャプテンか、、、)

 

石松と古谷がバッターに立ちます。

 

横では天津がピッチング練習をしています。

 

天津(正直、怪獣早乙女対策はない。とにかく低めに球集めて長打されへんことしかいまはできん、、、)

(平らに負けるわけにはいかん)

 

同時刻。京都市兵安高校野球場。

 

キャッチャー「くーー、ええ球や平ちゃん!シビれるねーバンバン行こ!」

 

平「もういいです。終わります」

 

キャッチャー「えっ!?まだ15球やぞ?」

 

 

平「DL戦まであと3日。考えるたんびにいろんな感情わいてきて、、、身体の震えとまりませんわ」

 

つづく

スポンサードリンク