【前回まで】 対兵安戦。8回裏に入っています。   DLは5対3の2点差で兵安を追っています。   前回は信楽平一郎(マリオ)が代打で出場して2塁打を打ち、烏丸が平の球をきれいに打ち返したところまででした。   スポンサードリンク 【今回】 烏丸が打った球はきれいにまっすぐ飛んでいきます。   金川「カ、、、カラス、、、」   狩野たち(この弾道は、、、、)   兵安の選手「ヤバい! センターバックや!」   烏丸は走って1塁を回ります。   烏丸(越えろ!)   観客「これはいった!」「入ったら同点弾や!」「飛べ~飛んでいけ~」「入れ!」「風に乗れ!」 烏丸も走りながら打球の行方を見ています。 (越えろ!)   兵安の選手「ヤックン、頼む」   センターの薬師寺が走ってボールを負います。 薬師寺「入るな!」   3塁のランナーコーチに入っている藤巻も打球の行方を食い入るように見ています。   「、、、まだ、、、まだや、、、」   走っている薬師寺が止まろうとするのが見えます。   藤巻(よし! ブレーキかけた! これでもうアーチかヒット確定! フライはない!)   藤巻「マリオGO!」   平一郎「イエッサー!」 平一郎が2塁を蹴って走り出します。   薬師寺はフェンス前で減速します。   薬師寺「オカン! 今日から玉ねぎ食べるから!」   打球はフェンス上部に当たって跳ね返ります。   頭を抱える狩野たち「ああークソ!」   花本「見て! マリオさんめっちゃスタート早い!」     3塁を回ろうとするマリオ。   藤巻を見ます「!?」   ベンチの古谷「、、藤巻、、素でエグい、、、」   金川「気持ち悪いアイツ! 声と動きが全然合うてへん! 腹痛!」   藤巻は両手をぐるぐる回しています。 藤巻「どや!? まるでバンゲリングベイやろが!」   一方兵安の方は、   「ヤックンホームや!」   薬師寺「どんだけオレのとこ飛んでくんねん!」   スポンサードリンク 薬師寺が渾身のバックホームを投げます。 マリオはホームにヘッドスライディングします。   古谷「マリオ行けー!」   金川「アウトになったら殺す!」   兵安のキャッチャー(山越)は、全体を見ています。   「んー、アカン!、、、カット! 烏丸を3塁に行かすな!」   兵安は薬師寺のバックホームをカットします。   マリオはセーフ。   アナ「DL学園主将、烏丸タイムリー1点追加!」   観客「藤巻ええ判断や!」「カラス非力やの! もっと飯食え!」 ベンチの金川「よしよしよし! あと1点や」   烏丸が2塁から声をかけてきます。   「金川」   烏丸は金川にゴリラの真似をします。   金川「よっしゃ、任せとけ、、、古谷、お前はブチ込めよ、、、ちょっとゴリラとリボってくる」   古谷「は? いまリボるん? 試合中やぞ!?」   注※リボるとは? 練習後に投手と打者で行う1対1の勝負。投手は渾身のストレートを投げる。敗者は勝者に菓子やジュースをあげる。決闘で使うリボルバーを短縮した言葉と思われる。   室内ブルペン、、、、   金川「お前とのリボルバー「ゴリラ&ジーニアス」72戦中オレの14勝58敗。俺を打ちのめした奴は全国で早乙女と、、、お前だけじゃブタクソゴリラ、、、それが平のクソガキから6三振て! ああ! お前を今ここで殺す」 石松は鼻の下をかいています。   金川『日本一イカツいオレの球放り込むのになんで平のションベン三振すんねん! 腹立つ!、、、今日は100%勝てる自信がある! もし負けたらお前にお菓子全部やる、、、カントリーマアム以外、、、」   金川と石松が構えます。     金川「リボルバー、ゴリラ&ジーニアス第73戦、、、行くぞ」 石松「ウホ」     一方、DLベンチ。   「よっしゃあと1点や、とりあえず同点にしよか!」「カラス一本で帰ってこいよ」   桂が誰かの肩に手を置いています。 「頼むぞスプーン」 「ハイ?」   アナウンサー「DL学園の選手の交代をお知らせします。2番の桂クンに変わりまして代打長野クン」   長野は不自然な歩き方でバットを持っています。 狩野(兄さん! ガチガチですやん!)   つづく。   最後まで読んでいただきありがとうございました。  
スポンサードリンク