前回まで】

対兵安戦。

 

兵安は2点先行していましたが、烏丸のタイムリーでマリオがホームイン。

 

1点差に迫ります。

 
スポンサードリンク



そしてバッターは2番桂に代わってガチガチに緊張した長野が代打で出るところ、、、が前回まででした。

 

【今回】

バッターボックスに向かう長野。

 

(見よ、一年のクソ100等兵ども。お前たちが尊んでやまへん先輩はいま、、、一打逆転のメモリアルチャンスを任された! その意味がわかるか? いやわからんやろうなハエには。ここでは死んでも下手こかれへん言うことじゃ! せやさかい、、、この重圧で、、、お前達が愛してやまへん先輩はいま、、、身体の異変をひしひしと、、、感じておる、、、)

長野の身体はガチガチです。

 

「いい、、、いい、、、、家光!」

 

狩野たち(ガチガチやないかオッサン!、、、家光言うてますやん!)

 

応援席の檜「何であんなアガってんねん。ノーアウトやし烏丸さん進塁させたらええだけやろ? 簡単な仕事やんけ」

 

阿比留「せやで! 左打者の長野っちは引っ張ったらええだけやろ。なんやったらバントでもええんちゃう?」

 

観客「おい大丈夫け? コイツどんだけ緊張すんねん!」「ロボットみたいになっとるやんけ!」「違うヤツ出せ!」「ひっこめ13番!」

 

ピッチャー平「、、、誰か油さしたれよ」

 

ランナーズコーチに入っている藤巻が長野に声をかけてきます。

 

「コラ長野!、、、海宝さんがお前と桂を代えられた意味を考えろ! お前ならやれる、家康!」

長野「ハイ?」

 

観客「家康?」「将軍?」「あの13番3年生から将軍扱い?」「え?時期主将ってことか?」「絶対そうや」「将軍!」「将軍!」「将軍!」

 

長野「えっ何何? 将軍? えっ何?」

 

檜「将軍って何やねん?」

 

狩野「よおわからんけどここは便乗するぞ!」

 

長野(烏丸さんの家康から始まっての将軍コール、、、オレは知らん間にこんな人気者に、、、アカン、、、とりあえず打席入らな、、、)

 

長野は打席に入ります。

(みんながオレを崇めてる、、、ここにいるみんなが、、、)

 

球場には将軍コールが巻き上がっています。

 

長野(アカン)

 

一旦タイムをとって屈伸をする長野。

 

長野「あー、泣いてまうわ、、、止まってくれ涙ー、出てくんなって」

 

狩野(何の涙やねんお前!)

 

長野(ありがとう。オレは必ず結果を出す!、、、家康かあ、、そういう意味なんですね藤巻さん!)

 

(でしょ! 藤巻さん)

 

藤巻「キッショ! 何見とんねんカス。早う進塁打打ってベンチ帰れや」

 

 

一方、金川と石松の室内ブルペン、、、、

 

カーン!

 

金川「あークソが! お前とは二度とリボらん死ね! 菓子ぐらい自分で買えアホ!、、、、平てそんなにスゴいんけ?」

 

金川は室内ブルペンを出て行きます。

 
スポンサードリンク



汗をかいた石松はどこかすがすがしい表情です。

 

一方、長野は、、、、

 

「フーっ」

 

電光掲示板はツーストライク、ノーボールです。

 

藤巻「フーちゃうわボケ! 簡単に追い込まれとるやないか! どんだけ大振りやねん!」

 

阿比留「アカンわアレ、、、何しに出てきてんアイツ、、、」

 

丸井「阿比留! アイツて、、、」

 

ベンチの海宝コーチ「許せ桂、、、」

 

二塁の烏丸「頼むぞ古谷」

 

まだ球場には将軍コールが続いています。

平はキャッチャーのサインに首を振っています。

(こんなヤツに無駄球はいらんねん。三振取りに行く!)

 

センターの薬師寺「平、、、しんどいのもわかるけど。慎重にいけよ」

 

平が振りかぶり投げます。

 

平(あとは3番古谷さえ抑えれば4番のゴリラ三振でこの回ゼロ、、、9回表の平安は1番ヤックんから、、、あとは頼んまっせ、、、パイセン!)

 

平の球を長野が振りに行きます。

(よしっ! インコース! 引っ張れる!)

 

ボールは長野の手元近くでバットにあたりそうです。

 

狩野「ゴメス! ど根っこ!」

 

阿比留「死ねアイツ!」

 

丸井「アカンて阿比留!」

 

長野(まあ騒ぐなクソ100等兵。わかってるよオレが一番よおわかってる! このままやと、、、完全にNGこいてまうことぐらいわな、、、でもお前らの米ぬかと違てオレの辞書には諦めという言葉は存在せえへん、、、この仕事しくじればオレの未来はない、、、でもな未来は己が手で変えられる、、、それを見せたときオレは、、、将軍となる)

 

バットを振りぬく長野「天下泰平!!」

ボヨヨヨーンとフライが上がります。

 

長野「やっぱあきませんかー!」

 

狩野「アカン。ドNG外野フライ!」

 

花本「こんな打球見たことない」

 

阿比留「死ね!」

 

烏丸「ゴメス」

 

長野「超えろー、超えてくれ! 殺される!」

 

ショートが下がって飛びつきますが打球が撮れるかは微妙です。

長野「いいー、家康!」

 

つづく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク