前回まで】

 

対兵安戦が続いています。

 

8回裏。烏丸のタイムリーで1点を返したDL。

 

5対4で兵安に対して1点差に迫ります。

 

そして、二塁に烏丸がいる状態で、代打で2年生の長野が登場しました。

 

長野はすぐに追い込まれますが、最終的にショートの後方に打ちあげます。
スポンサードリンク



ショートが飛びつこうとしてとれるかどうか、、、というのが前回まででした。

 

【今回】

 

長野が打った球はボヨヨヨーンと飛んでいます。

 

長野「やってもたー!」

 

狩野「ゴメス! ドNG! 内野フライ!」

阿比留「代打失敗!」

 

観客「ショートバックや!」「下がれ下がれ!」「おい! これ落ちるんちゃうけ?」「ショートもらえ飛べ~!」

 

長野「頼む、落ちてくれ! 首が飛ぶ重罪や!」

 

烏丸が叫びます。

「藤巻ゴーバック頼む!ショート重なって見えへん」

 

ランナーコーチの藤巻「よっしゃ任せ! あわてるなカラス!」

 

阿比留「落ちろ!」

狩野「いけー!」

 

兵安のショートが飛びつきますが、ギリギリ捕球できません。

藤巻「ゴー!」

 

三塁に向けて走り出す烏丸。

 

狩野と阿比留「奇跡!」

 

ショートが球を拾って三塁の早乙女に投げます。

 

烏丸はヘッドスライディング。

 

薬師寺が早乙女に声をかけます。

「早乙女。2つ来てる!」

 

早乙女「何?」

 

薬師寺「おい!アレ見ろ! 打者走者来てる!」

 

狩野「いつの間に!」

 

長野(戦に油断はつきもの、、、)「侵略すること火の如し! キエー」

「三塁はタッチ間に合わん」

 

早乙女「クソ、、、」

 

「二塁や早乙女!」

 

三塁の烏丸はセーフ。

 

三塁手の早乙女はすぐに二塁に送球します。「行かすか!」

 

 

長野は二塁にヘッドスライディング。

二塁手はすぐにタッチします。

 

審判を見る長野。
スポンサードリンク



判定はセーフです。

 

アナ「セーフ! 8回裏DL学園、代打長野気合のカンチャン(ポテンヒット)。チャンス拡大2,3塁! 一打逆転! しかもまだノーアウト!」

 

長野は立ち上がりながら言います。

「同志たちよ、、、平和はもうすぐそこだ」

 

狩野「いやいや兄さんギリギリでっせ!」

阿比留「結果オーライやろ何イキっとんアイツ」

 

 

藤巻「あれでアウトなったら首飛んでたのお」

烏丸「まだ生かしておこう」

 

室内ブルペンから戻ってきた金川。

「? おっ、2,3塁なってるやんけ」

 

観客「逆転するぞコレ」「いけーDL!」

 

平(、、、ヤバい、、、アイツが来る)

 

 

次のバッターは3番サード。古谷です。

 

観客「古谷、もう一発放り込め!」

 

早乙女が平に声をかけます。

「平! 男らしく!ドンと構えとけ!」

平「、、、ハイ」

 

兵安キャッチャー「平、スクイズも頭入れとけよ」

 

平「ハイ」(8回裏、ノーアウト2,3塁。さっきカチ込まれた3番古谷。4番のゴリラはカモ、、、1塁空いてるしここは歩かせてもいい)

 

バッターボックスの古谷(オレの仕事は最低でも外野まで飛ばすこと。向こうは歩かす前提の配球になる、、、外と低めの緩急で来るやろう、、、そこを狙う!)

 

二塁の長野(オレがかえれば逆転か、、、今日の石松さんの調子考えたらここはなんとしても一本でかえりたい)

 

ランナーコーチの藤巻「カラス、ライナーバックな。低め多いしパスボールも頭入れとけよ」

 

烏丸(欲出さず、ここはまず同点。三塁から圧力かけて古谷をアシストできれば)

三塁側スタンド狩野(考えろ、、、オレならどう配球する? 1塁空いてるし外中心になるけどそんなことは古谷さんもわかってる、、、となると怖いけど初球は死球覚悟で内角のボール球! 古谷さんの体をおこす! その方が次から外を攻めやすくなる)

 

観客「古谷決めろ」「平丁寧に攻めろ」「古谷任せたぞ」「古谷!」「古谷!」

 

平が投球に入った瞬間烏丸が走り出します。

 

「逃げた! いや! 逃げてないフェイクや」

 

平(クソが、、、チョコチョコすんなや)

 

烏丸(まずワシが、ホーム踏む)

 

古谷(長打狙う)

 

狩野(外か? 内か?)

平が投げた球を見て薬師寺。

「アカン甘い!」

 

古谷をバットを振りぬき、ボールはバットの芯に当たり飛んでいきます。

 

古谷「ビシバシ」

 

つづく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク