【前回まで】

対兵安戦の8回裏。

 

烏丸が出塁し、代打長野のポテンヒットでノーアウト2,3塁のDL。

 

5対4でDLは兵安を負います。

 

そして、バッターは古谷。

 

古谷もピッチャー平の球をきれいにうち返した、、、というのが前回まででした。

 

スポンサードリンク



【今回】

古谷が撃った球はレフト方向に飛んでいきます。

振りぬいた古谷「どや」

 

狩野「おー、会心!」

 

阿比留「出たー! 古谷さーん!」

 

長野(二塁ランナーのオレが帰れば逆転)

 

長野は走り出します。

 

しかし、何かが飛びあがります。

 

狩野(!!)

 

長野「へ?」

 

サードの早乙女が飛びあがって古谷のライナーをキャッチします。

「ア、、アウッ」

 

ランナーコーチの藤巻「、、、バックや、カラスバック!」

 

阿比留「ウ、、、」

狩野「ウソやろ!?」

 

マリオ「長野ー! バックや!」

 

立ち止まって戻ろうとする長野(、、、アカン、アカンアカン!)

 

兵安側「二塁ランナー、飛び出してる!」「ダブル奪れる!」

 

藤巻「戻れ! 長野!」

 

狩野・阿比留「ゴメス!」

 

必死に走る長野(3年生の思いが詰まったこの試合、、、終盤最後のチャンスを、、、2年ノオレが、、、)

空中で体制を整て振りかぶる早乙女。

 

長野(潰す?)

 

早乙女の返球が矢のように飛んできます。長野は2塁へヘッドスライディングします。

 

長野(頼む!)

 

薬師寺・平「伸びろ! セカンド」

 

返球と長野のタッチはほぼ同時です。

 

審判「、、、、アウッ」

 

アナ「最悪、、、ノーアウト2,3塁の大チャンスが一瞬にしてツーアウト三塁、、、DL痛恨のダブルプレー」「早乙女ファインプレー!」

 

早乙女「スマンの若いの、、、勝負は無情よ」

観客「何しとんねん二塁ランナーボケエ!」「台なしやん、死ねお前!」

 

寮監「こりゃ痛い」

 

朝日出「あのアホ。ライナーバック鉄則やろ! ボケが」

 

 

スポンサードリンク



狩野(、、、長野さん、、)

 

檜「マジか、、、この場面一番やったらアカンことやらはった。正直、、、もうこんなチャンスはやってきーへんぞ」

 

阿比留「次は不調の石松さんや、、、古谷さんの一本でホームかえって同点にしたい、、、焦ってまう気持ちもわからんのか、お前、、、そりゃそんな人間はUSJ楽しまれへんわ」

 

檜「はあ? USJは好きやっちゅうねん! 一緒に行ったヤツが問題あって、、、」

 

 

兵安側の応援が盛り上がっています。

「いいぞ、いいぞ、ヘ・イ・ア・ン!」

 

平「よしよしよし! 早乙女さん! ありがとうございます!」

 

早乙女「おっ、お前礼言えるようなったんか?」

 

平「今日だけっす」

 

薬師寺「ハッハッハ」

 

ベンチに戻って肩を落とす長野。

天津が黙って長野の肩に手をかけますが、長野はそれを振り払います。

 

長野「やめろ、取り返しのつかへんことやった、、、」

次のバッターは石松です。

 

平(あとはゴリラだけ、、、最終回はヤックンから、、、あと1点、、、あと1点とってくれればこの試合獲れる!)

 

兵安の選手たちが声をかけ会います。

「っしゃツーアウト、気い抜くな」「平締めろ」「最終回頼んまっせ」「任せとけ」

 

一方、DLベンチは沈黙しています。

 

狩野「、、、」

阿比留「四球でもなんでもいい、火影さんまで回せば何とかなる」

 

石松がバッターボックスに向かいます。

観客「あーアカンわ。三振ゴリラや」「この回逆転できひんかったらもう終わりや」「帰ろ帰ろ、もう兵安で決まりや」「いやまだわからん。9回裏は火影・設楽・金川に回る」「金川に託そう」

 

金川は悠然とベンチに腰掛けます。「よっこらせ」

そして、石松が打席に向かいます。

 

つづく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク