【前回まで】

対兵安戦の8回裏。

 

5対4でDLは兵安を負います。

 

DLはノーアウト2,3塁でしたが古谷のライナーを早乙女がキャッチして飛び出していた長野もアウトになってしまいます。

 

ツーアウト3塁でバッターは石松に回ります。

 
スポンサードリンク



【今回】

観客「もうアカンわこれ、、、」「大チャンス、将軍がぶっ潰した!」「ツーアウト3塁、、、本で打者は今日4三振のゴリラか」「帰ろ帰ろ兵安や」「勝たれへん無理無理」「まあ夏もある」「夏はやってくれるやろ」

 

4番の石松が出てきます。

観客「えっ、まだ出すん? もうええやろ」「代打ちゃうの? 無理やてもうコイツは!」「下げろ下げろ!」「ゴリラ交代させろや!」「この回追いつかんかったら負けるぞ!」「少年野球ちゃうぞ! 素人か?」

 

兵安ピッチャーの平「ツーアウト。OK締めるぞ! もうこっから最後までMAXぶっ飛ばすんで最終回追加点頼んまっせ!」

 

薬師寺・早乙女「任せとけ!」

 

平が一球目を投げます。

 

石松はこれを見送りワンストライク。

 

平「よっしゃバンバン行くぞ!」

 

観客「ほら見てみい! アカンやろ!」「振れよゴリラ」「代えろ代えろ」

 

阿比留「やっぱアカンか。しゃあない最終回に期待しよう」

ベンチの金川「どやゴリラ?」

 

石松は金川の言葉を思い出します「平てそんなにエグいんけ?」

 

石松はいったんタイムをとります。

 

平(何やねんうっとおしい)

 

観客は石松にブーイングを浴びせます。

 

「いらんねんそんなん!早うせえや」「どうせ打たれへんて!」「お前がうっとったらこないグズグズなってへんねん!コラア!」「4番やろ? DLのユニフォーム脱げ! OBに失礼やろ!」「九州かえって鳥食うとけアホが!」「金返せ!」

 

金川「クソミソやがな、、、」

 

花本「みんなして石松さんのこと、、、ムカつく、、、全員焼死したらいいのに」

 

石松はバットを左手で持ち、バックスクリーンを指します。

 

金川「あ、、、あのゴリラ何を、、、」

 

狩野「よ、、、予告、、、ホームラン?」

 
スポンサードリンク



平「このボケホンマ、、、木偶の坊が、、、」

 

早乙女「ここへ来て金川の真似事とは! 傾奇者が!」

 

観客「ふざけんなクソゴリラ!」「ついに頭イカレたか?」「開き直ってんちゃうぞ!マジメにやれ」「4三振しててホームラン予告?正気か?」

 

寮監「覚悟には根拠がある、、、恥背負って生きていくかはたまた語り継がれる伝説となるか」

 

金川「、、、アカン腹立つ、、、あのゴリラリボルバーでオレに勝ったからって急に調子こきだした。ナメとったらアカンぞホンマ!、、、そんなに野球は甘ないねん! 古谷アイツに打たせたらドえらいことになる」

 

古谷「ちょうどええ、オレもアイツに言いたいことある」

 

古谷はベンチから叫びます。

「おいウータン。正直オレは4番石松に納得してへん! この打席シクったら4番降りろよお前」

金川2年にもそういうように促します。

 

マリオたち「ハイ。自分たちもそのほうがいいと思います!」

 

金川「全員でゴリラ野次るぞ! 9階オレがサヨナラ打つから大丈夫や! おい応援団お前らもいけ!」「花本! お前付き人やろ? 何か言え!」

 

花本「ハイ。パンツデカすぎ! タコ足傾いてバランス悪いねん!)

 

狩野たち(はー!?)

 

金川「素でエグい。野球関係あれへん。どついたろか? アイツ」

 

金川は平にも叫びます。

「平コラア、お前もじゃアホ!」

 

平「オレ?」

 

金川「お前以外誰がおるんじゃハゲ打たれたら他校でも殺す! どつかれたなかったら死ぬ気で抑えろ!」

平「はあ?」

 

金川「これでカチ込んだらゴリラが伝説になってまうやろが! レジェンドはオレのもんじゃ抑えろ!」

 

石松がバットを地面に突き立てます。

 

平「何や? 次は何や?」

 

金川「アカンアカンアカンぞこれは、、、」

 

石松の筋肉が盛り上がりボタンが飛びます。

 

 

花本「あちゃあ、、、ワンパクやな石松さん、、、ボタンのストックあったかなあ、、、」

 

烏丸『「お目覚めか、、、」

 

白めになった金川「ゴメス」

 

つづく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク