【前回まで】

対兵安戦。

 

DLは8回裏の攻撃で遂に5対6に逆転します。

 

9回表の攻撃で金川が抑えればDLの勝利ですが、1番の薬師寺が出塁し、ツーアウトで早乙女に打順が回ってきました。

【今回】
スポンサードリンク




アナ「4番サード、早乙女クン」

 

観客「最終回ツーアウト二塁!」「あと一人!」「一打同点一発で逆転の兵安!」「抑えれば勝利のDL!」「本日最高の大勝負!」

 

審判「タイム」

 

ベンチの藤巻「頑張れ、、、頑張れ、、、お前らなら大丈夫や!」

 

海宝コーチ「藤巻伝令や、、、いま思てることまっすぐ伝えてこい」

 

藤巻「、、、ハイ!」

 

藤巻は頭を下げてグラウンドに入り、マウンドの金川のところに行きます。

 

金川の周りに他のDLメンバーも集まっています。

金川「うわキッショ号泣やんけ! 何しに来てん?」

 

藤巻「黙れ! 真剣に聞け!、、、金川もしここでお前が打たれても誰も文句言うやつはおらん! おったらどつく! いや殺す!、、、お前はバーターから日本一の投手にもぼりつめた男の中の男や! 春負けた責任を一人で背負い込んだお前の苦しみを、、、みんな口には出さへんけど心では感じてた。お前は誰もが認めるDLのエースや! 絶対なる信頼をおいている! 金川だけやない! オレはお前らを誇りに思う。でももうクソ汚い涙は見たくない!」

 

藤巻は手を差し出します「のせろ」

 

金川「はー? 嫌じゃ気持ち悪い! 青春か? 死ね!」

 

烏丸「金川」

 

古谷「たまにはええやんけ青春も」

 

石松「ウホッ」

 

八雲「のせなさい」

 

烏丸が金川の手を掴んで藤巻の手に乗せます。

 

金川「嫌じゃこんなんいっちゃん嫌いやねん! はなせカラス頭皮剥ぐぞ!」

 

藤巻「勝利まであと一人! スマイル一億円!」

 

「はっ?何やそれ!」

 

スポンサードリンク

藤巻「青春ララバイファイオー! オーオー!」

審判「はい再開します。伝令戻って」

 

藤巻「へっ、ハイ」

 

藤巻はベンチに戻ります。

 

烏丸「さあ最後締めよか!」

 

石松「ウホ」

 

長野「ハイ」

 

金川「、、、」

 

古谷「おい金川。お前泣いてんちゃう?」

 

金川「はー? 泣くかボケ! ヒゲ剃れ胡散臭い!」

 

古谷「おいみんな! 金川感動して泣いてんぞ!」

 

金川「殺すぞ泣くかあ!」

 

兵安ベンチの平「、、、、ヤックン!早乙女さん! オレ負けたないっす! 負けんの嫌や! これ動転したら裏頑張って抑えるから助けてください」

早乙女はバットを握り直します「さあやろうぞ金川よ!」

 

金川「何が欲しい?」

 

早乙女「551キロのまっすぐ頼んま!」

 

「金川頼むぞ!」「早乙女放り込め!」

 

 

寮監「勝ってカネもらえるわけでもなし、負けて命とられるわけでもなし、、、彼らは一体何のために戦うのか、、、その純粋さに心うたれるわい」

 

金川が投球フォームに入ります。

 

つづく。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

 
スポンサードリンク