前回まで】 長かった兵安戦が終わりました。   兵安のピッチャー平に押さえられ、早乙女や薬師寺に撃たれて先行されていたDL学園。   しかし、8回裏の攻撃で逆転し、最後のバッター早乙女を金川がピッチャーライナーに打ち取りセンバツの悔しさを晴らしました。   スポンサードリンク 【今回】 午後6時DL学園月光寮(研志堂) 対兵安戦の夜   板敷の広間にDL野球部のメンバーが座っています。   烏丸「メンバー、ほいで応援団。今日は雨の中ご苦労さん。私学大会春季近畿大会のダブル優勝達成。その上、、、宿敵兵安に勝利し大変気分がよろしい、、、よって本日に限り、、、、、お菓子、ジュース。解禁する」   「オオオオオオ」   飛び上がって喜ぶ下級生たち。   狩野たち「オ・カ・シ! ホイ! 甘・味! ホイ!」 烏丸「ほなマリオ。球場行こか」   阿比留(へっ、、、練習) 毛利(祝勝会的なやつは?」   烏丸「今日やらかした併殺の練習じゃ」   古谷「角川特打ちや。バッピ頼む。雨天来てくれ」   火影「ルイージ。俺も雨天でバッピ頼むわ。今日ヒット一本や」 ルイージ「ハイ」   石松「太郎ちゃんティー放って」 天津「ハイ」   「春日部。ラン行くさかい汗出しとってきて」 「ハイ」   阿比留「さっき優勝したとこやのに、、、、もう前に、、、」   檜「今日の反省はその日に消化するてか、、、、」   狩野「お菓子は深夜までお預けやで花ちゃん」   花本「うん、、、頑張る」   それぞれ練習する3年たち。 狩野たちは洗濯場で洗濯をします。   狩野「おい丸井。脱水終わってるやんけ。早う出せや。急いでんねん!」   丸井「ゴメンゴメン」   狩野「門松ちゃん、今何時」   門松「そうね、大体ねー!」   狩野「もうええって。何時?」   檜「8時や」   狩野「おおきにUSJ! エバネスコ」   檜「殺すぞお前! ちゅーかお前今晩何する気やねん? エエ加減言えや」   狩野「だから言うてるやんけ。革命起こすんじゃ、、、少々寮荒れるかもせんけど堪忍してくれ、、、オレら一年のため。ほんで、、、、」  
スポンサードリンク
狩野はDLのユニフォームを広げます。 「DL学園の未来のためでもあるさけな」   檜「、、、おい、、、アイツから目え離すなよ、、、」   花本「うん! 怪しすぎるもんな!」   毛利「抜け駆けは許さんぞ」   、、、、そして、縁側に座ってグラブの手入れをする金川。   グラブには「一年カス 1 金川春馬」と書いてあります。   手入れを終わり空を見上げる金川。   烏丸と石松と古谷がやってきます。   烏丸「お取込み中すまんの」 石松「ウホ」 古谷「ロマンチックしてるやんけ」   古谷は全裸で素振りを始め、烏丸と石松も縁側に座ります。   烏丸「わしらの公式戦も残すは夏の大会のみ、、、あと3か月で、、、このチームともお別れじゃの」 古谷「おいおい泣くなって金川」   金川「なんっでやねん! 泣くか!」   古谷「ハッハッハ」   烏丸「可愛いとこもあるんやのお」   石松も笑っています。   金川「せや、思い出した! カラスお前今日打席で泣いとったらしいやんけ! クッササッブ」   烏丸「泣くか」   そのとき、部屋の戸がノックされます。   「一年狩野入ります。失礼します。こんばんは」   金川「何や?」   狩野は膝をついて頭を下げています。   「お、、、お話があるです」 金川「オレらはない帰れ。誰に口きいとんねん殺すぞ」   狩野「殺される覚悟で参ったです、、、、」   烏丸「、、、」   金川「よっしゃ殺したろ立てコラ」   烏丸「待て待て金川、、、聞いちゃろう。それなりの理由があるんじゃろう」   狩野「ホ、、、ホイ!」   狩野は緊張で振えて白目になっています。   狩野「ほ、、、本日の試合、、、とても感動したですねん、、、三年生の背中しっかり目に焼き付けて心に刻んだです、、ですが」   狩野は顔を上げます。 「最強だとは思わんでござんす」   金川たち「、、、、、」   つづく。   最後まで読んでいただいてありがとうございました。     スポンサードリンク