【前回まで】   兵安に勝利したDL学園。   その夜、烏丸と話した狩野たち1年は自主練を始めます。   そして、入学してから初めての外出日がやってきました。   それぞれに楽しむ1年生たち。   狩野は、彼女のサクラに再開します。   スポンサードリンク 【今回】 喫茶店で。 サクラ「頑張れ。笑ちゃん。あと一個。外出日に偉業達成なるか! あとちょっと落ち着いて大丈夫やから!」 狩野はストローでグラスの中の氷を吸って移動させています。   しかし、氷は落ちてしまいます。   サクラ「あー」   狩野「ゴメス! ちょー待ってもっぺんやらせて! 負けたまま寮帰られへん!」   サクラ「ヤバイヤバイお腹痛い! お腹痛い! おしっこちびる!」   、、、   サクラ「はーおっかしっ。こんなに笑たんひさしぶりや、、、全然変わってへんな笑ちゃん。安心したわ、、、」   狩野「アホかメッサ洗濯上手なったっちゅうねん。しょう油、ケチャップ、ソースなんでもかかってこいオレに落とされへん汚れはない!」   サクラ「、、、なあ笑ちゃん?」   狩野「ん?」   サクラ「、、、私まだ、、、笑ちゃんの彼女やんな?」 狩野「ん? どないしてんセンチなお年頃かいな、、、」   サクラ「ふざけんとって、、、、」   狩野「オーティスレディングでも歌おか?」   サクラ「笑ちゃん! 真剣に聞いて」   狩野「なんやねん、、、」   ゴクリと唾をのむ狩野。   サクラ「最近考えてん、、、私はさ、、、笑ちゃんじゃないとアカンねん、、、でもさ、、、笑ちゃんは別に私じゃなくてもいいねんきっと」   狩野「は?」   サクラ「今までは大きな出会いの場もなく、たまたま近くにおった私と付き合ってただけ、、、」   狩野「さっきから何をゆーてんねん。ポリ呼ぶぞ!」   サクラ「これから笑ちゃんには可愛い子が山ほど寄ってくると思う、、、だからもし他に好きな人できたら嘘つかずに言ってな、、、」   狩野「おい、、、」   サクラ「私もう覚悟してるから」   狩野「もうええってサクラ。やめろ!」   サクラ「笑ちゃんにとって野球って何?」   狩野「それやんけ! そういうのもっとちょうだい! 仕事の流儀的なやつやろ? 今63パターンあってやな!」 サクラ「じゃあ私は? 笑ちゃんにとてサクラって何?」   狩野「へ?」   沈黙する二人。  
スポンサードリンク
  、、、二人は夕方の公園に出てきます。   サクラ「、、、また外出日ってあるん?」   狩野「外出は年イチやから次会えるのは12月の帰省やな、、、」   サクラ「そっか、、、長いな」   狩野「考え方次第やろ、、、あと日曜24回でクリスマスや、、、まあ言ーててもしゃあないねんそんなもん! 今言えへん寂しさもオレが甲子園のスターになれば何もかも解決する! せやから今は我慢して頑張るしかない! 俺達の輝く未来のために!」   サクラ(ちゃうねん笑ちゃん、、、未来とか、、、そんなんとちゃうねん、、、)     、、、大阪府富田林市。外出帰寮まで残り2時間。   ファミレスで母親と食事する狩野。   狩野「深く考えすぎやねんサクラは! あの塀の中で色恋沙汰なんかあるわけあれへん! あるのは貧困と鉄の掟だけや、、、サクラはもっと自信持つべきや可愛いねんから」   母「あんたサクラの気持ち真剣に考えたことある?」 パスタをほおばる狩野「ほやはふほ(そりゃあるよ)、、、」   母「あんたよお考えや、、、待たせるってことは縛るってことやからな」   狩野「?」   母「付き合ってるってゆう青い口約束がサクラを苦しめてんねん、、、あんたキャッチャーちゃうの?、、、天下のDLさんも大したことあれへんな、、、人の気持ちもわからへんこんな奴にキャッチャーやらせるなんて」   、、、サクラは家で泣きながら横になっています。     、、、あと少しで外出日が終わる。言いたいことが山ほどあるのに声が出せへん、、、今その顔を見たら色々と崩壊する。   それぞれ寮へと戻る途中の一年生たち。 、、、だからそのままあっち向いとって、、、想いは口に出して伝えなアカンって育てられたけど、、、ゴメン、、、今日は無理そやわ、、、でも今一番伝えたいことはハッキリしてる、、、、、おかん、、、今日一日仕事休んでくれてありがとう。   、、、一方、小料理屋で海宝と朝日出が話しています。   字のバランスの悪い紙を見ている海宝。 「アサ、、、自信ある字はデカなるんか?」   朝日出「ハイ、、、今気づきました。」   海宝「夏まで練習試合は残り6本か、、、夏のメンバーはこの6試合の結果で決まる1年生から3年生までできるだけ多くの選手にチャンスを与える、、、一発勝負の夏の大会で必要なんは実力者20人じゃない、、、持ってる者20人や、、、正直今年の戦力で負けたらオレら指導者の責任や、、、アサ」   朝日出「ハイっ」   海宝「オレはまだアイツらが腹の底から笑う顔を見たことないんや、、、」 海宝は烏丸たち三年生のことを言っているようです。   海宝「連れて行くぞ甲子園」   朝日出「はい」   つづく。   最後まで読んでいただいてありがとうございました。   スポンサードリンク