【前回まで】 兵安に勝利したDL。   そして久々の外出日を楽しんだ1年生。   学校に戻り、クラスでは週末の練習試合について話し合います。   TSK(飛田スペシャル講義)では週末の練習試合で夏のメンバーが決まるとのことです。   練習試合は、3日あり、1軍メンバーの試合と2軍メンバーの試合が行われるようです。   スポンサードリンク そして、練習試合の一日目。1軍メンバーは8対2で勝利し、2年生中心の2軍戦が始まります。 【今回】 三連戦1日目。長崎超本戦第二試合(2・3軍)   「さあ元気出していきましょう!」 「初回三人で切りましょう!」 「マリオさん右から強い風吹いてます」 「エーザイ」 「サード初球セーフティーあります」 「ショート二試合目何で前荒れてます」 「おい、俺より前出んなや阿比留!」 「うっさいボケ、殺すぞ」   狩野「下剋上もクソも試合出やな話しになれへんがな!」   阿比留にヘッドロックされた花本「早く出してもらえるように声でアピるしかない!」   阿比留「相手今年の選抜ベスト16やろ? なんでUSJが先発やねん」 DLの先発は檜です。   南「嬉しさ隠せてへん顔がまた腹立つねんアイツ、、、」   「檜、結果樹に遷都思い切って放れよ!」   檜「ハイ」   にやける檜。   長野「おいピノキオ」   檜「ハイ?」   長野「この3連戦はいわば武器の見本市や、首脳陣に使いたいと思ってもらえるか、、、夏のベンチ懸かってるさかい、一球も無駄にすな」   檜は振りかぶって投球を始めます。   檜(俺の武器は、ストレートで奪三振!)   先発檜5回無失点9奪三振。 代打門松は爆裂場外ソロ弾、途中出場の狩野は右へ左へ2打数2安打。   8回を終わり、DLが4対1でリードしています。   阿比留「アカン、、、、今日は出番なさそうや」   南「焦ってもしゃあない」   花本「明日に懸けよう」  
スポンサードリンク
そこに、ものすごい球が打ちあがります。   バックネットを抜けて校舎のガラスを割ります。   南「ああ、、、ウソやろアイツ、、、完全にノーマークやった」   花本「、、、ライバル増えちゃった、、」   打ったのは、、、鷲中です。9回表ダメ押し場外3ランダークホース出現。   長野「おるおるワンチャンスものにして急に頭角現す奴な、、、」   二年生たち「殺そう」 、、、3連戦2日目、越前蟹水産戦第一試合(1軍)   5回表、DLが13対0でリードしています。   「フイッ」「フイッ」   古谷「カラス、お前の付き人やろコイツ! 打たれたら責任とれよ!」   烏丸「大丈夫。ボンはすくすく育っとる」   檜がマウンドに立っています。   1日目の力投が評価されたようです。   投球フォームに入る檜(誰に笑われようが関係あれへん、、、オレはDLに、、、エース獲りにきたんじゃ)     檜ボンバイエ、一回三者三振、他を突き放す闘魂快投。   金川「味よし香りよし、、、、でもな坊ちゃん、エースに一番必要なもんは気品、、、お前はまだ青い」   、、、2日目、越前蟹水産戦第二試合(2・3軍)   1年生の活躍で火が付いた2年生。 初回一挙8点の猛攻で上級生のプライドを見せる。 マリオの銭湯本塁打、長野は3打数3安打3打点、錦は顔面湾曲3打点。   が、1年生も本日大暴れ。 花本は2打数2安打2盗塁、南は代打満塁本塁打、鷲中はフェンス直撃代打2点タイムリー、モアイ1安打も2打点。   、、、しかし、この日の全てをかっさらったのはこの男。大阪が誇るスーパーソニックボーイ。 スタメン出場3打数3安打で迎えた4打席目。   南「一試合2発ハアカン!」   阿比留「もう打つな! オレらの一日が無になる!」   狩野は打ちに行きます。 (これで認めてや) 打球は大きく飛んでいきます。   狩野「天才やて」   つづく。   最後まで読んでいただいてありがとうございました。   スポンサードリンク