前回は、兵安戦が始まり、先頭バッターの薬師寺にいきなりツーベースを打たれたところでした。

 

兵安側の応援「いいぞ!いいぞ!ヤックン!! いいぞ!いいぞ!兵安!!」

スポンサードリンク




 

バッタは兵安の2番水川です。

ws000023

スタンドの丸井。

 

「試合開始早々ツーベースでノーアウト2塁、、、いきなりピンチやな、、、」

 

狩野「さすがセンバツ優勝校。きっちり先手とってきよる」

 

兵安の2番バッター水川はバントしてきます。

 

天津が前に出て拾い3塁を見ますが、間に合わず1塁へ送球。

 

ファーストへの球はバウンドするが石松がそれを拾ってアウト。

 

DLベンチからは天津に「落ち着け!」と声が飛びます。

 

長野「ヒット1本で何をピヨピヨしてんねん、、、、」

ws000022

マリオ「あんなフワフワした天津初めて見るな」

 

マリオは、春の甲子園で投げても平気な顔をしていて、3年のインコースもえぐれる図太い天津もさすがに兵安戦は緊張するかとつぶやきます。

 

ワンアウトで3塁。バッターは3番のキャッチャー山越が出てきます。

 

天津は投げながら思います。

 

(何か、、、いつもと違う、、、、)

 

天津が投げたボールを山越えは打ち返し1,2塁間を抜けます。

 

3塁の薬師寺はホームに帰ります。

 

兵安が先制し、スタンドも盛り上がります。

 

金川は頭を押さえます。

 

(何を焦っとんねん。アホかホンマ、、、、打者の呼吸ずらしたり工夫せんかカス! 140しか出えへんのに同じテンポでホイホイ放りやがって、、、そりゃ打たれるわ、、、)

ws000021

DLの先輩メンバーがマウンドに集まってきます。

 

「おい小僧」

 

「一丁前にアガっとんかい?」「頭の上にヒヨコ回ってんぞ」

 

烏丸「一点とられたぐらいでババもらしたみたいな顔すんなお前」

 

スポンサードリンク

天津「ハイ」

 

烏丸「お前が兵安をゼロで抑えるなんて誰も思ってへんわ。のおみんな?」

 

八雲「無理無理」

 

古谷「10点はとられるやろ」

 

「せやから電人使うてそれ以上の点とれるよう平攻略の特打ちずっとしてきたんや」

 

烏丸「そうそうそれにこんなええ機会ないぞ。天津?」

 

「金川の天敵早乙女抑えてみい。株上がるぞ。、、、平もお前と同じ2年やろ?」

ws000020

 

古谷「ええとこ見せとかなアカンわな」

 

平の頬をつかむ烏丸。

 

「練習やと思って思い切ってやれ。9点までは許しちゃろう」

 

天津「ホ、、、ホイ、、、」

 

烏丸「あとはワシらがなんとかする」

守備に戻るDLメンバー。

 

烏丸「よっしゃ内野。元気出していこう!」

 

古谷「太郎ちゃん。5点で抑えたらジュース3本」

 

天津「ハイ!」

ws000019

 

バッターは4番の早乙女が出てきます。

 

スタンドの盛り上がりは一段と大きくなります。

 

丸井「何ない? スゴイ人気」

 

狩野「そちゃそうや。DLじゃないけど。オレもごっつすきやもん!」

 

金川「さあ来たぞ。海坊主」

 

兵安側の応援が歌います。

 

「ウチの4番、早乙女は、チャンスの時に現れて、打てば場外ホームラン、名だたる敵を打ちのめす、」

ws000018

 

早乙女を見てビビる丸井。

 

「デッカ! 反則やん」

 

金川「よお見とけ、天津。こいつはホンモノや」

 

 

つづく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク