兵安対DL戦。

一回表の兵安の攻撃で、DLのピッチャー天津は、4番早乙女にホームランを打たれたというところまでが前回でした。

 

早乙女の場外ツーランホームランを受けてどよめく球場。

 
スポンサードリンク




兵安側応援。

「よいよいよい、さ・お・と・め! おー、へ・い・あ・ん!」

 

早乙女は巨大でズンッ、ズンッと走ってベースを回ります。

 

これで0対3、兵安のリードになりました。

ws000009

走る巨体の早乙女の太ももを小さな平が後ろから蹴ります。

 

無言で待つDLメンバー。

 

早乙女はベンチに戻ってきます。

 

客席

「ナイスアーチ、ナイスしゃくれ!」

「打球もしゃくれとった!」

「ええぞしゃくれやるやんけ!」

 

早乙女は右手で平のユニフォームをつかんで持ち上げます。

 

「こら平。先輩を蹴るな」

 

平「バレたか、、、うれしさの表現っすよ。アーチ打ったアンタが悪い」

 

 

 

マウンドの天津。

 

烏丸に言われたさっきの言葉を思い出しています。

ws000008

「9点までは許したる。練習やと思て思い切ってやれ」

 

天津(、、、、って言っても。初回3点はさすがにまずい、、、、)

 

そのとき、黙っていた金川がベンチから叫びます。

 

「死んだ顔すんな! 天津コラア!

 

「ウチは3点も取り返せん貧打線け? ナメてんのかお前! 何を見てきたんじゃカスゴラア!

 

「お前が100点とられたら101点取り返してくれるわ! おどおどするんやったら降りろやボケ! 死んだ顔しやがってクソが!

 

「何で今日、千石じゃなくて2年のお前がそこに立っとんねん! 考えろや!

 

「できるからやろがあ!

ws000007

「期待に応えろ、タマとるぞ、アホンダラア!

 

スポンサードリンク

 

ボロカスに言う金川。

困ったような顔をして聞いていた天津でしたが、途中から腹をくくったようです。

 

「ハイ!」

 

次のバッターは打ち取ります。

 

攻守交替です。

 

DLベンチ

「よっしゃ取り返そか」

「アマ気にすんな。お前はそんなもんや」

「カラス出ろよ!」

 

 

海宝「どないした? まあまだ1回や。電人の成果出せ」

 

DLナイン「ハイ!」

 

 

DLの攻撃。

 

兵安のピッチャー平が出てきます。

 

スタンドの狩野。

(初回3点か、、、さすがに想定内とはよお言わんけど。まだ大丈夫や。)

 

狩野は、電光掲示板に並んだDL打線の名前を見上げます。

(やっぱこのメンツ、、、よだれが出るわ。電人で平対策したし、3点くらいすぐ返せる)

ws000006

DLの1番打者は烏丸です。

 

平が6球なげてフルカウントになります。

 

狩野

(フルカウントか、、、、ここまでの6球。ストレートとスライダーの二種類。まだ決め球のチェンジアップは投げてへん、、、次の球決めに来よる)

 

キャッチャーのサインにうなずく平。

 

烏丸もかまえてバットを少し揺らせています。

 

振りかぶる平。烏丸も右足をあげます。

 

バットを振りに行く烏丸。

 

平の投げた球は、ホームベースの前でアウトコースに変化して落ちます。

ws000005

空振り。アウト。

 

狩野「か、、、、烏丸さんが三振、、、、、」

 

花本「、、、初めて見た、、、」

 

丸井「何かイヤな予感してきた、、、」

 

つづく。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 
スポンサードリンク