DL対兵安戦。

 

3-0で負けているDL。

 
スポンサードリンク



前回は3回表の兵安の攻撃を、烏丸のファインプレーでゲッツーをとり、チェンジにしたところまででした。

 

 

アナ「ダブルプレー! 3回表、兵安無得点!」

 

兵安の選手も驚いています。

 

 

平「マジか、、、、」

 

早乙女「さすが烏丸」

 

ベンチに戻ってきた早乙女。

「流れ変えるぞ」

 

客席の狩野たちも興奮しています。

 

ルイージ「お前らここ大事! 流れ切った後の攻撃はチャンスや! こっちに流れ来てる! 声出せ!」

 

狩野たち「ハイ!」

 

守備につこうとしている兵安。

 

薬師寺が平に話しかけます。

 

「おいタメ口男! この回わかってんな?」

ws000064

平「はあ~」

 

薬師寺「何やねん」

 

平「ボク一応センバツ優勝投手っすよ。試合の流れくらい読めるわ」

 

薬師寺「ホンマか? お前」

 

平は薬師寺に顔を近づけて睨みます。

 

平「ファインプレーでチャンス潰された後の攻撃は要注意! 3回裏のDLの攻撃はこの試合の重要なポイントの一つ! 7,8,9番3人で切れば流れはもっぺんウチに戻る! でしょ?」

 

薬師寺「グレート」

 

薬師寺は持ち場に行くために走っていきます。

 

平「ヤックン、、、、ずっとめえに目ヤニついてる」

 

薬師寺「ウソやん。どこ?」

 

、、、、3回裏の平の投球が始まります。

 

一人目はストライクが入りアウト。

 

スポンサードリンク

二人目は、打ち上げてアウト。

 

三人目も空振り三振に打ち取ります。

ws000063

DLは3回まで0点です。

 

狩野「、、、またあっさり三者凡退、、、、」

 

観客「平ヤバい! DLを完璧に抑えてる。」「このままズルズル行くぞ、、、」「雨キツくなってきたー」「やっぱ金川おらんかったらアカンかあ」「つーか金川なんでなげてへんの?」

 

客席で三つ編みの寮監と朝日出が並んでいます。

 

 

寮監「さすが春の覇者強い! のお朝日出」

 

朝日出「ハイ」

 

寮監「長い間野球を見てきてつくづく思う。流れっちゅうのはきまぐれで、ケツの軽い女神のようじゃ。私はもうあなたのものよ言うて安心した直後、ささいなことがきっかけでプイっと他の男に乗り換える天邪鬼。いかにその娘を口説いてそばに置き続けるか、、、寝とられるかねとられないかはこの4回次第。」

 

朝日出「はい?」

 

寮監「天津の投球次第ちゅうこっちゃ行間を読め!」

 

4回表。

 

兵安は7番のピッチャー平が打席に入ります。

 

天津(この4回表、6,7,8番の3人で切りたい。5回を9番から入れたら楽になる。下位打線やけど気い締めて、烏丸さんから始まる次の回の攻撃に繋がな、、、)

ws000062

 

一方、平は、、、

(今の状況、オレなら初球カーブ放る、、、長打されにくいし、下位打線が初球からカーブ振ってくる確率も低い。簡単にカウント取りやすい球や、、、、ここは一発、初球カーブにヤマ張る)

 

天津が投球フォームに入り、投げます。

 

平は、球を見ながら念じます。

(曲がれ、、、、曲がれ、、、、)

 

天津の球は変化して曲がります。

 

目を見開きかすかに笑う平。

 

カーン!

 

薬師寺「うお! マジか!」

 

平の打った球は大きくレフト方面に飛びます。

 

ファールになるかギリギリです。

 

狩野「切れろ!」

 

平「巻け!」

ws000061

球は巻いてホームランになります。

 

「ホームラン、兵安4点目!」

 

平「天津コラア! これが1と18の違いじゃ!」

 

つづく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク