対兵安戦。   2年の天津が兵安に打たれ4失点。しびれをきらした金川がブルペンに入りました。   スポンサードリンク 4回表の兵安の攻撃が終わったところで、3年藤巻が声をかけます。 藤巻は、センバツのときにスタンドから嫉妬の目で見ていたと言います。 「正直負けろと思っていた」と。   しかし、ベンチに入って、DLのメンバーがどれだけ勝ちたいと思っているかわかった、ベンチもスタンドも一緒になって勝ちに行くぞ、と声をかけます。   そして、4回表の攻撃はキャプテン烏丸から、、、、と言うのが前回まででした。   バッターボックスに入った烏丸。   球場には「カラスコール」が鳴り響きます。 ws000035 「お前がやらな誰がやんねん!」「こっから本番や」「どんな形でもええから出ろ!」     藤巻も叫びます。「カラス! お前が出たら何とかなる! 初球狙とけ!」     マウンド上の平。 「なんやねんこれ、、、、」   カラスコールに違和感を感じる平。   (完全に兵安優勢やぞ、、、3回パーフェクトでアーチまで叩き込んだのに、、、、あのクリーチャー(藤巻)の演説で急に空気が変わった、、、、誰やねんアイツ、、、、、まあええ、、、この回のポイントは、先頭の烏丸を切ることや、、、、コイツ出したら勢いづいてしまう、、、、)   平を睨んでいる烏丸。   平(集中や、、、コイツさえ切れば、、、)   平が投げます。   初球から打ちに来る烏丸。   カッ、   狩野「おおー!」 ws000033 烏丸が打った球はショート方面に飛びます。   藤巻「クソッ、、いい当たりやけど正面や、、、、」   しかし、兵安のショートは目の前でバウンドした球をとりこぼします。   狩野「やった!」   阿比留「イケる!」   球を拾い直すショートに平が声をかけます。   「落ち着け、間に合う!」   しかし、烏丸はものすごい速度で一塁に向かっています。   そして、飛び上がってヘッドスライディングする烏丸。   藤巻「カ、、、カラスがヘッスラ、、、、」     審判「アウッ」   うつむいたまま泣きそうな表情の烏丸。 ws000032 歩いてベンチに戻ってきました。
スポンサードリンク
  烏丸「すまん」   DLメンバーは声が出ません。   藤巻「、、、、カラス、ケガするからヘッスラすんな言うてたやんけ、、、、オレは感動した。」   火影「大将が泥んこなってんのにオレらのユニフォームエラいきれいやな、、、」   古谷「主将に頭下げさせたらアカンわ」   藤巻「お前がくらい顔すんなよ! みんな心配なんねん! DLはこっからやろ! なあカラス! 一言くれや!」     ゆっくりと振り返る烏丸。 「ひっくり返すぞ」   「しゃー」「キレイに野球せんでええねん」「藤巻お前でてへんやんけ!」「やかましいわ!」「次行くぞ、桂出ろよ!」「よっしゃ行きましょう」   平「どないやねん」     薬師寺「来た来た。地球滅亡しても、ゴキブリとDLだけは生き残るっちゅう噂や」 ws000031 早乙女「ガハハ。これぞDL学園。ワクワクするのお平!」   2番桂がバッターボックスへ入ります。   (仕事仕事、、、)   ベンチ内で胸を抑える天津。 (俺のせいや、、、オレが抑えてたらこんなことなってなかった、、、オレがめちゃくちゃにしたんや、、、金川さんが投げてたら、、、、)   古谷「責任感じてんのか、、、、」   天津「、、、、、古谷さん。、、、、お、、、、おでがいじます、、、おでがいじます、、、、おでがいじます、、、!」   涙を流して古谷にお願いする天津。     古谷は天津の肩をたたきます。   「心配すな大丈夫や。そうやってみんなおおきなんねん」 ws000030 桂の方は、ファウルボールを打っています。   平「うっとうしいな、、、」   観客「あの2番13球目やぞ? どんだけ粘んねん」   桂(この回や、、、金川のスタンバイ、藤巻の演説、カラスのヘッスラ、、、、オレがここで出塁せな。せっかくみんなで作ったいい空気を台無しにしてしまう、、、、アーチ打って平も油断してるやろう。叩き時や、、、なんとしても出る)   平の投げた球は、ボール。 フォアボールです。   遂に、DLの初ランナーが出ました。   そして、次は3番古谷です。   つづく。   最後まで読んでいただきありがとうございました。   スポンサードリンク