対兵安戦。

 

4対2。兵安がリードして迎えた6回表兵安の攻撃。

 

判定ミスのフォアボール、イレギュラーバウンド、そして烏丸のエラーで兵安はワンアウト満塁のチャンスを迎えたのが前回まででした。

 

スポンサードリンク



 

こぼれた球。

 

狩野(烏丸さんが、、、、エラー、、、、)

 

平「っしゃ!」

 

「名手烏丸、痛い痛いエラー! オールセーフ! 6回表兵安ワンアウト満塁、ビッグチャンス!」

 

客席の1年。

 

阿比留「、、、クソ。後半戦ド頭からこの展開、、、きわどいコースの四球から始まって」

 

南「イレギュラーのヒットで1,2塁、、、」

 

花本「おまけに烏丸さんがまさかのエラー、、、打席には兵安主将の薬師寺」

 

「ウチの流れはどこ行った?」

檜「金川さん、、、まだ肩は出来上がってないやろうけど、、、ここでの失点はさすがにマズイぞ、、、」

 

 

薬師神がバットを振り回しながらバッターボックスに入ります。

 

「最っ高のお膳立て! 金川はまだか?」

 

観客「もうええやろ? 天津降ろして金川出せや!」「そうじゃ、いつ金川出すねん!」「もう天津じゃムリやって!」

 

 

寮監「みんなが金川を欲しとる、、、しかしここで天津を降ろしたらイカン。結果がどっちに転んでもこの経験は来年DLのエースを背負う天津にとって、、、巨大な宝になる。善一もそう思うとるはずじゃ」

 

天津と薬師神。

 

カウントはスリーボール、ワンストライクになります。

 

烏丸「かまへん天津。ええコースや! 置きに行くな!」

 

平「ヤックン、甘いの来るぞ!」

 

球場にはヤックンコールが響きます。「ヤックン!」「ヤックン!」

 

阿比留「ああ、アカン観てるだけで足すくむ、、、オレならガチョン炸裂や」

 

檜「ガラスのハートやもんな、お前、、、、オレもこの状況正常ではいられへん、、、」

 

スポンサードリンク

阿比留「お前何様じゃ? USJ野郎が!」

天津が投げた球は低めのストライクに入り、薬師寺は見送ります。

 

古谷「よしっ!」

 

檜「よしよし」

 

阿比留「ああ、心臓飛び出る! スゲー!」

 

狩野は考えています。

(オレなら次、何を投げさせる?)

 

(6回表2点ビハインド、1アウト満塁でフルカウント、、、打者は1打席目ツーベース売ってる1番薬師寺さん)

 

(高めは外野まで飛ばされる可能性あるからポイ。理想はゲッツー内野ゴロが欲しい、、、、でも低めに来ることくらい薬師寺さんの頭にも入ってる)

 

(低めのストライクゾーンで勝負したいけど、、、疲れの見える天津さんの球が浮いてくる可能性はあるし、、、ヒットなら2点入ってまう、、、)

 

(となると、、、真ん中低めのストライクからボールになるスライダーで勝負! 売ってきても外野まで運ばれへんし、最悪四球でも1失点、、、これしかない!)

(後は、、、天津さんがそこに投げられるかどうか、、、薬師寺さんが降ってくるかどうか、、、)

 

天津が投球に入ります。

 

天津は投げながらキャッチャーの八雲に言われたことを思い出します。

 

「人生における最大の喜びは、、、キミにはできないと世間が言うことをやることである。、、、、君にはやれるか?」

 

天津の投げた球は、低めのストライクギリギリへと飛んでいきます。

 

 

狩野「よし来た! 振れ!」

 

薬師神は振りに行きますが、途中でバットを止め、ボールはキャッチャーをとります。

 

狩野「振ったスイングや!」

 

審判の判定はセーフ、、、、、

 

平「っしゃー! 止まった!」

 

フォアボール押し出し、兵安5点目です。

薬師寺「ひー危ねー、ギリ止まった!」

 

うつむく天津。

 

ベンチでは海宝が、、、

 

「春よりずっと、、、、ええ顔しとる」

 

 

つづく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク