対兵安戦。

 

6回表兵安の攻撃。

 

5対2で兵安がリードした状態からついに天津から金川にピッチャーが交代しました。

 

そして、金川が見事なピッチングで2者連続三振をとり、いよいよ6回裏DLの攻撃、、、というのが前回まででした。

 
スポンサードリンク



6回裏、DLの攻撃はちょうど1番からです。

 

烏丸はバットをひきずってカリカリ音をさせながらバッターボックスへ向かいます。

 

金川「さあ、カラス! 逆転のきっかけはお前が作らな話ならんやろ!」

 

烏丸は無言でバッターボックスへ向かいます。

 

金川「そろそろ見せてくれよ、、、キャプテン」

 

烏丸の応援歌が流れます。「♪DL~! 烏丸~! 弾丸ライナー」「♪燃えろ烏丸、燃えろ烏丸、男なら~」

兵安のピッチャー平が振りかぶって投げます。

 

平(この流れでコイツだしたらマズイ、、、初球丁寧にいかな、、、)

 

 

平の投げた球がフワッと飛んできます。

 

丸井「チェンジアップや!」

 

ベンチから金川が怒鳴ります。

 

「カラス! 出んかったら頭の皮剥ぐぞ!」

 

烏丸はゆっくりとスイングに入ります。

 

金川の言葉を思い出しています(勝って詫びたい、、、エースって認めてもらえるように、、、)

 

烏丸の目はしっかりとボールを見ています。

 

足首を回転させ、平の球を打ち返しました。

 

ショートの頭上を越えてライナーが飛びます。

 

金川「っしゃー! カラス走れ!」

 

「左中間!」「ヤックン止めろー!」

 

薬師寺はセンターからレフト方向に曲がる球を追いかけます。

 

「止めたところでこのコース、、、並の打者なら単打でも、、、学の場合は、、、」

 

烏丸は1塁を回って2塁へ向かいます。

 

薬師寺はセカンドにボールを投げますが間に合いません。

 

「セーフ」「出たー!烏丸の快走塁!」「6回裏先頭烏丸ツーベース!」「来た来たDL学園!」

檜「素で、、、」

狩野「エグい!」

 

烏丸は2塁から叫びます。

 

「金川!」

 
スポンサードリンク



金川「お前もう陸上部入れや!」

 

続いて2番桂。

 

桂はセカンドゴロでアウト。烏丸は3塁に進みます。

 

古谷「よっしゃ桂、2塁には進めた!」

 

桂「頼むぞ古谷。カラス返せよ!」

 

古谷「おう」

 

応援席の狩野。

(ワンアウト3塁、、、なんとか1点ほしい! パスボールでも犠飛でもなんでもいい!)

 

烏丸「古谷、仕事や! 桂の死無駄にすんなよ!」

 

古谷「桂は死ぬのが仕事やろ」

3番古谷がバッターボックスへ入ります。

 

古谷は考えます。

(カラスが3塁走者の場合、、、NGは二つだけ)

 

つまり、三振と内野フライです。

 

(お前のおかげで、、、仕事が減るわ)

 

平が振りかぶって投げ、古谷も烏丸の言葉を回想します。

(ワシかてもう、、、負けたない、、、)

 

古谷は打ち、打球はセンターへ飛びます。

 

「ヤックン、タッチアップするぞ!」

 

またセンターの薬師寺が走ります。

 

薬師寺「追いつけるけど、、、」

 

薬師寺は飛びついて古谷はアウト。

 

烏丸は猛ダッシュを始めます。

 

薬師寺「待てー学ー!」

渾身のバックホームが飛んできます。

 

しかし、烏丸の方が先です。

 

「セーフ!」

 

「神足烏丸あっちゅう間に生還!」「6回裏DL2点差!5対3」「兵安尻尾を掴まれた!」

 

客席の寮監。

「各々が本来の力を発揮しだしとる。残るはあと一人、、、眠れる大砲、、、この勝負こいつがキーとなる」

金川「さあ、ゴリラ!」

 

古谷「あとはお前やウータン!」

 

次はDLの4番、石松のバッターボックスです。

 

つづく。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク