対兵安戦。   6回表の平安の攻撃で金川が登場しました。   そして、金川は兵安を2者連続三振に打ち取る。   スポンサードリンク 6回裏DLの攻撃は、烏丸がツーベースを打ち、桂と古谷がアウトになりながら烏丸はホームへ帰ります。5対3。2点差でおいかけるDL 。バッターは4番石松の番になったところが前回まででした。   「4番ファースト石松クン」   「ゴリラ」石松がバッターボックスへ向かいます。   ベンチの烏丸。 「センバツから対6打席連続三振、、、なかなか根が深いのお」   古谷「でもこの試合とるにはウータンが打たんと、、、トラウマ払拭できるかはもう本人次第や、、、」   1球目はストライク。   観客「ええぞ、石松キラー!」「三振もらお平!」   ピッチャー平(よしっ、コイツでこの回は切れる、、、ゴリラは怖くない、、、)   ベンチの藤巻「クソッ何でやろ? 平以外はボコスカ打つのに、、、」   金川「ゴリラの気持ちもわかるよ」   烏丸「?」   金川「本屋行ったらババしたなるゆう思い込みと一緒で悪いイメージで自分追い込んでまうんや、、、正直オレも早乙女に対して恐怖心がある、、、ただそこから抜け出さなこの試合は勝てん、、、信じようぜ。アイツはフヌケやない。だからDLの四番に座っとんねん」   2球目も石松は空振りします。   ストライクツー。 DLベンチ「かまへんかまへんウータン三振OKや!」「思いっきり振って帰ってこい」   平の三球目。   石松は思い切り振っていきます。   「ットライクッ バッタアウッ」   平「っしゃー!」   チェンジ。   石松は歯を食いしばってバッターボックスを去ります。   金川が石松に声をかけます。 「おい三振ゴリラ!ここまで来たら全部三振せえよ!」   金川は烏丸にも声をかけます。 「カラス心配すな。オレに任せとけ。ゴリラの生態一番よおわかってんのはオレや」   スポンサードリンク   観客席の花本とロバート。   花本「石松さん、、、、」   ロバート「今日はもうアカンかもな、、、」   花本「アカンことない! 最後には絶対打つもん! 毎日毎日誰よりも遅くまでバット振ってるもん! 絶対打つもん! だからそんなこと言わんといて!」 ロバート「めっちゃ怒ってるやん」     7回表兵安の攻撃が始まります。   バッターは兵安の4番早乙女からです。   観客席の阿比留「また始まったでおい、、、」   狩野が檜に話しかけます「おいプリクラ」   檜「お前全員に言うたやろ!」   狩野「今からお前と砂金の一兆倍のドンパチ始まんぞ!」   アナウンス「7回の表兵安高校の攻撃は、、、4番サード、、、早乙女クン」     雨の降る球場に早乙女コールが起こります。   「♪ウ~チのお、4番~、早乙女は~」   「♪チャンスの~」   早乙女「金川よ! 聞こえるか! ワシのこの激しく波打つ胸の高鳴りが!」   金川「やかましいわコラア! 大阪湾沈めんぞ!」 寮監「さあどっちや。勝利の女神のハートを掴むのは。チンピラか健康優良児か。ラウンドワン、、、ファイッ!」   球場には早乙女コールと金川コールがあふれます。   「早乙女!」「早乙女!」   「金川!」「金川!」   金川はファーストの石松に声をかけます。   「大二郎、、、オレはセンバツんとき、、、この海坊主を一打席もさばけへんかった、、、」   金川は右足をあげて投球フォームに入ります。   「せやから今日、包丁替える、、、見とけ」   つづく。     最後まで読んでいただきありがとうございました。  
スポンサードリンク