DL学園と兵安戦の試合です。

 

一回表、緊張した天津がいきなり打たれて、先輩たちが天津をリラックスさせて、次のバッター早乙女が出てきた、、、というところが前回まででした。

 

スポンサードリンク




兵安の4番。早乙女が出てきました。

 

球場には、早乙女の応援歌が鳴り響いています。

ws000055

「うちのー4番ー早乙女はー、豪快一振り夢乗せて―、白球高くー、舞い上がるー、天まで届けー、ホームランー! かっ飛ばせー、早乙女、早乙女!」

 

バッターボックスの前で早乙女が天津を見つめます。

 

狩野は指で両目を開いています。

 

檜「、、、おい! なにしてんねん。どつかれんぞ」

 

狩野「かまへん。かまへん。まばたきの時間もったいない。違うチームやけどこの人だけはよお見とかな」

 

檜「は?」

 

狩野「ええから、檜も見ときって、早乙女さんが打席はいるとき空気変わるから」

ws000054

早乙女のほうを見る檜。

 

狩野「なんちゅーかなあ、見てたらわかるわ。球場全体を自分の空間にするっちゅうーか、なんちゅーか、、、、」

 

早乙女は腰を落としてグランドの土を少し握っています。

 

狩野「ここや! 目え離すなよ、檜!」

 

早乙女は土を投げ、同時に体をひねって試合前の相撲取りのような動きをします。

 

 

狩野「時間いっぱい待ったなし!」

 

檜「お前、、、、どっちの見方やねん」

 

早乙女は、ヘルメットをとり、天津に向かってつぶやきます。

 

「お手柔らかに」

 

天津(落ち着け、、、)

 

球場には早乙女コールが鳴り響いています。

ws000053

天津の一球目。

 

早乙女は動きません。

 

「ボール!」

 

スポンサードリンク

檜「うわっ、、、天津さん、完全に食われてる」

 

狩野「なっ! わかるやろ? オレの言うてること!」

 

檜「うん、、、何やコレ、、、」

 

狩野「こうなる理由は必ずある!、、、、怪物たちの共通点! オレはこの試合で見つける!!」

 

天津が二球目を投げます。

 

早乙女がバットのグリップを握り、左足を少しあげます。

 

力強く回転する早乙女の体。

 

海から飛び上がるようにボールが飛んでいきます。

ws000052

あっけにとられる、加納、檜、天津。

 

早乙女はバットを振りぬき、天津は左後を振り返っています。

 

ボールはライトスタンドにスッとはいります。

 

口を開けたままの天津。

 

 

「ツーランホームラン!!」

 

球場がどよめきます。

 

ウオオオオオオオ、

 

電光掲示板には一回表の兵安のところに3という数字が点灯します。

 

狩野「素でエグい!」

 

檜「バ、、、、バケモノや!、、」

 

ゆっくりとベースを回る早乙女。

ws000051

それを見つめるDLメンバー。

 

 

つづく。

 

一回から天津が打たれて心配ですね。

しかし、天津以外のDL学園ナインは、まあこれくらいは当然だろう、という感じにも見えます。

金川は何とも言えない渋い表情ですが、まずいというより、自分が出れない苦々しさという感じがします。

天津はみんなに励まされたところでしたが、立ち直れるのでしょうか。

 

早乙女については、なきぼくろ先生の絵がすごい迫力ですので是非直接読んでいただきたいです。

 

次回も楽しみです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク