アオアシに登場する一条花。   スポンサードリンク 一条花は、主人公青井葦人が所属する東京シティ・エスペリオンのユースチーム監督の福田達也の妹です。   福田達也とは、血のつながりがあるわけではなく、両親の再婚による義理の兄妹です。   コミックス4巻では、福田監督と花の出会いが描かれています。 ws000007     愛媛でサッカーをしていたアシトは、たまたまエスペリオンユースの監督福田達也の目に留まり、エスペリオンユースの試験を受けに行きます。   そのときであったのが一条花です。

セレクションでの出会い

「あんた。エヒメの?」   花は、アシトをつれてセレクション会場を案内します。   セレクションの試合を見学する花。   アシトのことを気にかけています。   (この試合だけじゃない。今日のキミはよくやってる! 頑張ってるぞ!) ws000006  

愛媛に帰ってから

愛媛に帰ってセレクションの結果を待つアシト。   花は、東京から帰るアシトに手紙を渡していました。   内容は、、、、食事の献立表です。         セレクションの結果が気になったアシトは、花に電話してみます。   丁度、電話をかけて花が出た瞬間、アシトのもとに母親がやってきて合格を伝えます。   その後花と電話するアシト。   花は、身体のことを考えて献立表を渡したり、アシトにお母さんときちんと話すようにとアドバイスしてくれたりします。   花はアシトの母親や兄とも連絡を取って、東京に行ってからのことを何度も説明してくれてもいたようです。  

エスペリオンユース入団後

エスペリオンユースコーチの伊達は、福田に対してアシトがプロになるのはムリだと言います。   花はそれを聞いて、反論します。  
スポンサードリンク
「心外だ。今日入団したばかりの選手にそういうことを言うのはよくない、」   「あたしは青井葦人のファンだ! たぶん世界で最初の!」   それを外で聞いていたアシト。ws000011 部屋から出てきた花が持っていた弁当を食べます(花が福田のために作ってきていたもの)。     花はアシトに言います。   「私がキミを応援するのは、あるサッカー選手に君が似てるからだ。その人は私の大切な人なんだ。キミを見てるとその人に夢中になってた頃を思い出す。」   花は誰かとアシトが似ていると考えているようです。   直後に、試合前に弁当を完食したアシトを叱ります。 ws000010

練習試合では、

また、練習試合をみていた海堂杏里(エスペリオンオーナーの娘)が、アシトについて、   「ユースでは通用しません。」   というのを聞いて怒ります。   このときはアシトに個人戦術がない、ということが問題になっていました。   アシトはサッカーの才能について苦悩し、周囲からも厳しい批判を受けます。   しかし、花だけは彼の見方をしてくれます。 ws000008   花の将来 練習が休みの日、花はアシトを誘って学校を見に行こうと言います。   そのとき、花はアシトに医者を目指していると話します。   スポーツ医学専門のジョーヴ博士を目指していると言います。   アシトはこの日、サッカーのことで頭がいっぱいで花にひどいことを言ってしまいます。   泣いてキレる花。 ws000009 このあと、アシトは花のドロップキックを受けていました。     今後もアシトを助けてくれる花の登場が楽しみですね。   最後まで読んでいただきありがとうございました。   スポンサードリンク