ノアの親戚の家(海の家の民宿)にバイトに来ているタロウたち。     スポンサードリンク   ノアたちが海で遊んでいるのを指宿くんが座敷から眺めています。   タロウとイブはその横で昼寝です。   真里南ちゃん(ノアの従姉妹)がやってきます。   「あれ? 二人は泳がないの?」   タロウが起きます。 「あれ? 真里南さん、、、」   真里南「お昼休み。みんな遊んでるのに行かないの?」   タロウ(あんなの見ながらふつーに遊べるか、、、)   タロウと指宿くんには水着のゾンビがたくさん見えています。 ws000071 タロウ「しかし、指宿くんも意外とシャイなんだな。海外育ちである程度は見慣れてきたと思ったけど。」   「うるさいな。」   指宿くんは、かき氷をタロウの口に突っ込みます。   真里南「アハハ! なんか夫婦漫才みたい!」   赤くなる指宿くん。 「ななな何言ってるんですか! だからボクは男ですって!」 ws000004 真里南「二人って他の子たちより仲良さそうだね。幼馴染とかなの?」   タロウ「オレら、昔の友達で最近10年ぶりに再会したんです。10年前にちょっとごたごたがあって、彼はオレのことずっと恨んでるんです。んでまー現在謝罪中?」   真里南「なにそれー! 許してやりなよ。五歳のころのはなしでしょ?」   指宿「そう簡単な問題じゃないです!」   真里南「そういえばあたしもこないだ10年ぶりに再会したんだよね。好きだった人と。、、、、挨拶して終わっちゃった。しょうがないよね。10年前だもん。今さらって感じ?」   そこに、岳(酒屋の息子。真里南の先輩)がやってきます。   「こんにちはー、青井酒店でーす」   真里南「岳先輩! おつかれさまです!」   岳「おお、真里南。休憩中?」   真里南「はい。でももう行きます。」   イブ(真里南さんどうしたんだろ、急に。まだヤキソバ残ってるよ?)   真里南が休憩で食べていたやきそばはまだ残っています。   指宿くんは、岳についている氷に入った真里南のゾンビを見ます。  
スポンサードリンク
指宿「あのゾンビ、、、」   タロウが真里南と岳の関係を説明します。 ws000003 タロウ「告って振られたんだろう。んで十数年氷漬け」   指宿(そ、そんなことより、、、)   指宿くんが見ているのは真里南のゾンビの胸です。   指宿くんは、真里南が(あたしも15のころなんて胸ペッタンコだったよ)と言っていたのを思い出しています。   指宿くん(本当だったんだ!)   嬉しそうな指宿くん。   指宿「なん、あの氷の中、何か細かいものが散らばってないか?」   イブが探偵の姿になって、氷の中を見に行きます。   イブ「これ、紙切れみたい。文字が書いてあるよ」   紙には(ずっと前から本気、好きです、)などがかかれています。   岳の真里南ゾンビの氷の中には、小さくちぎられたラブレターが入っているようです。   宛先は、、、、   イブ「青井岳様、、、、もらったお手紙じゃない?」 ws000002 指宿「岳さんが誰かからもらった手紙、、、だからって真里南さんが書いたわけないよな。」   指宿くんは、真里南のことが気になると言います。   「彼女、結婚相手を探している割に、適当というか投げやりで本心が見えないんだ。でもさっき好きな人がいたって言ったときはそれが垣間見えた」   指宿くんは、岳に真里南の初恋相手のことを聞いたらどうかと言いますが、タロウは刺激することになると反対します。   そこにノアが声をかけてきます。   「そろそろ民宿戻るぞー」   タロウたちは、民宿に戻ります。 ws000001 指宿くんだけは、別荘にきているので一人で歩いて帰りながら、考え事をしています。   すると、庄内さん(真里南にプロポーズしている男性)と話している真里南がいます。   それを見ている岳。   岳の真里南ゾンビは泣いています。   指宿くんは、岳に近寄りラブレターのことを話しかけます。   岳「真里南から聞いたの、、、、?」   一方、民宿からおつかいでスーパーに歩いて行くタロウ(とイブ)。   そこにバイクが急ブレーキをして目の前に止まります。   ヘルメットを脱ぐと、、、、 ws000000   指宿くんの秘書のアリスさんです。   アリス「久留目様、リリト様が、誘拐されました!」   つづく。   最後まで読んでいただきありがとうございました。     スポンサードリンク