今日も出産に立ち会う鴻鳥先生。

 

山本さんという妊婦さん。

 

また一つ新しい命が生まれました。

WS000007

休憩室で話す鴻鳥先生、小松さん、ゴローくん。

スポンサードリンク

 

話題は子宮筋腫の話になります。

 

「山本さん。無事に生まれてよかったですねー」

 

ゴローくん「子宮筋腫のせいで妊娠中のお腹がボコボコしてましたし、、、」

 

鴻鳥「子宮筋腫の大きさは大したことなかったけど数が多かったからね」

 

小松さんが告白します「実は私もあるんだよね。子宮筋腫」

 

鴻鳥先生「大きいんですか?」

 

小松さん「子宮の後に5㎝くらいと左に4㎝くらい」

 

「早く手術をして撮ったほうがいいかなーとかさ。妊娠したときの邪魔にならないかなーとかさ。かんがえないようにしててもつい考えちゃうんだよね」

 

小松さんに四宮先生の幻聴が聞こえます「結婚の予定もないんだから取っちゃえば」

 

「うるさいよ。四宮先生。あなたいっつも」と怒りますが、ゴローくんに「四宮先生いないですよ」と突っ込まれます。

 

小松さん「マズイマズイ。四宮先生ならこう言うなって思ったら、幻聴が聞こえてしまった」

 

また四宮先生の声がします「小松さん」

 

「わーまた幻聴が、、、」

 

ゴローくん「四宮先生いますよ」

 

「いるんかい」とびっくりする小松さん。

 

四宮先生は「よかったらどうぞ」と言ってジャムパンを小松さんに渡します。

 

「ありがと」と言って食べる小松さん。

 

 

四宮先生「いいんですよ。賞味期限切れだし」

WS000008

小松さんを鴻鳥先生が抑えます「離してよ。鴻鳥。今日こそはメガネ割ってやる」

 

ところ変わってバーで飲む鴻鳥先生、小松さん、ゴローくん。

 

小松さんはゴローくんにどんな男性が好きか聞かれます。

 

「クールに見えて、優しくて、笑顔もさわやか、、ピアノが引けて育ちもよさそうなほうがいいね、、、あとタキシードが良く似合う。

 

ゴローくんが「それってもしかしてオレですか?」と言い、小松さんが「ちがうわ」と突っ込みます。

 

WS000009

話は今日出産した山本さんのことになります。

 

小松さん「山本さん、、、残ってる筋腫どうするのかな?」

 

鴻鳥先生「いずれは手術になるでしょうね」

 

小松さん「全摘?」

 

鴻鳥先生「それはわかりません」

 

「もう一度出産を希望するかもしれないので、そうなると次の妊娠前に筋腫を摘出するかどうかの相談にはなるかもしれませんね」

 

「でも山本さんは次の出産はないかもと」

 

小松さんは「私より若いけどね」「マスターおかわり」と言って泣きます。

スポンサードリンク




 

ゴローくん「筋腫も帝王切開と一緒にとれれば一石二鳥なんですけどね」

 

鴻鳥先生「帝王切開で一緒に撮れるのはよっぽど簡単に撮れる筋腫か、、邪魔になって取らざるを得ない場所のものだけだから」

 

ゴローくん「でも山本さんの筋腫。ゴロゴロあったんで今日の手術中一緒に取りたくなりましたよ」

 

ピアノに座っているゴローくんが言います「小松さん。何かリクエストあります?」

 

小松さん「子宮筋腫」

 

鴻鳥先生「ゴローくん山下ジョージのコピー行ける?」

 

ゴローくん「弾けるかな」

 

ゴローくんがピアノを引き出します。

 

小松さん「鴻鳥先生。やっぱりあんたはいい奴だねえー」「もう私と結婚しちゃうか?」

 

鴻鳥先生「イヤです」

WS000010

ところ変わって、診察室にいる鴻鳥先生。矢部さんと言う妊婦さんと話しています。

「ちょうと妊娠5週ですね」

 

「ところで矢部さん。今まで子宮筋腫と言われたことはないですか?」

 

「子宮の左横後ろあたりに6㎝の筋腫があります」

 

 

矢部さんは会社の婦人科検診で問題ないと言われたので問題ないと思っていました。

 

診察後矢部さんは旦那さんに電話して子宮筋腫があると言われたことを話します。

 

続く

スポンサードリンク