前回、流産に関するお話が終わりました。   今回から新シリーズです。   スポンサードリンク   フェリーが海を走っていきます。   「4時間かよ。オレフェリーなんて乗るの初めてなのに」   フェリーの中に乗っているのはゴローです。   窓の外を見ながら回想します。     「え、離島、、、ですか?」   院長「うん。今年からペルソナの産婦人科専攻委は1か月、、、離島研修に行ってもらうことにしたんだよ。」     ゴロー「1か月。でもそれだと鴻鳥先生と四宮先生、倉崎先生だけで人手が足りなくなりますよ」   院長「大丈夫、大丈夫。ゴロー先生がいない間は産科に2人初期研修が来るからガンバってもらうよ、、、、島の病院の院長は私の古い友人だからよくしてくれるよ。空気もうまいし魚もおいしいしね。かにが有名よ松葉ガニ」 ws000009 ゴロー「オレ甲殻類アレルギーです」   院長「とにかくさ、今回が初めての試みだから後が続くように頑張ってきてよ」   ゴロー回想が終わります。   「ったく」   あまり乗り気ではない様子のゴロー。   フェリー室内では隣で老人の男女二人組が話しています。   女性「どうしたの?さっきから生あくびしてさー、、、それにえらく汗を書いてるしさ。まさか船酔いじゃないの?」     男性「バカヤローオレは島生まれの島育ちだぞ。フェリーくらいで酔うわけねえだろ」         ペルソナ病院のナースステーション。 小松さんたちが話しています。   「いきなりゴロー先生が離島研修なんてさ。」   「まさか島流しとか」 ws000008 小松「かもね。」   鴻鳥「院長も友達に頼まれて断れなかった奈じゃないですか。まあ、ゴローくんにはいい経験になるかもしれないし、」   四宮「そのまま帰ってこなくてもいいけどな」   小松「はは、、、ゴロー先生、今頃フェリーで船酔いしてたりして、、、」  
スポンサードリンク
  フェリーの甲板に出てきたゴロー。   「はー、離島の病院てどんな感じなのかな、、、ボロボロだったりして、、、はは。うー、波見てたら具合悪くなってきた。中で寝てよ」   部屋に戻るゴロー。 ws000007   さきほどの男女が話しています。   女性「あんた、本当に大丈夫。顔色悪いよ」     男性「大丈夫だ、、、ちょっと甲板に出て風に当たれば平気、、、、」   ドスッ、突然男性が倒れます。   ゴローが室内に戻ってくると人だかりができています。   「大丈夫?」 「ちょっとあんた、、どうしたの」     ゴロー「どうしたんです?」   「ジイさんが急に倒れたんだよ、意識もないみてえだな。、、、ちょっと兄ちゃん船員呼んで来な」   ゴロー「あ、オレ医者です、、、」 ws000006 おじいさんを診るゴロー。   「大丈夫ですか?」 (聞こえてないか、、、、脈も呼吸も心拍も安定してるな、、、)   そこへ船員さんが走ってきます。   「AED持ってきました!」   ゴロー「AEDはいらないです。」   船員「え、、、じゃあ、どーぞ」   ボールペンを差し出す船員。   テレビドラマ医師がでボールペンを胸に刺して患者を助けるところを見たことがある、ようです。   ゴロー「しませんよ」   そこでおじいさんの意識が戻ります。   ゴロー先生はおばあさんからおじいさんが糖尿病だと聞いて、多分低血糖になったんだと説明します。   「スポーツ飲料でやコーラでもサイダーでもいいので、砂糖やブドウ糖の入ったものを飲ませてあげてください」 ws000005 ゴロー先生は念のため島に着いたら病院で診てもらうようにと言います。     甲板に出てきたゴロー先生。   島が見えてきました。   (ここで一か月、、、、産科医かあ、、、、)   つづく。     最後まで読んでいただきありがとうございました。 スポンサードリンク