スピリッツで連載中のサッカー漫画「アオアシ」。

 

愛媛から上京して東京でユースチームでサッカーをする主人公、青井葦人(アシト)が描かれています。

 

アシトは、エスペリオンユースの監督から誘われてセレクション(入団試験)からエスペリオンに入ります。

 

ユースチームのメンバーの多くは、エスぺリオン内部のジュニアユースからの持ち上がりです。

 
スポンサードリンク



その中でアシトと大友と橘の三人はセレクション入団。

 

そして、スカウト入団の富樫も入ってきます。

 

監督に誘われたくらいですので、アシトには才能があると思われるのですが、実際にはトッププレイヤーが集まるチームの中で実力差を想い知らされたりしながら努力を重ねて行きます。

 

 

栗林

アシトは、セレクション合格後、エスペリオンの寮に入るために上京します。

 

そのとき、電車の中で栗林に関する記事を見ます。

 

栗林はアシトの1学年上、記事の中ではもうトップチーム、つまりジェイリーグデビューするという記事になっていました。

 

エスペリオンタウンについてアシトは、グラウンドで練習しているトップチームを見ます。

 

その中には栗林もいました。

 

栗林を見て闘志を燃やすアシト。

 

その後、アシトはエスペリオンユースBチームに入り、サッカーに打ち込んでいきます。

 

対成京戦では、アシトは試合の間にトライアングルの理論を理解して体得します。

 

そして、最終的にエスペリオンBチームはアシトのゴールで逆転勝ちします。

このとき、栗林は密かに試合を見に来ていました。

 

アシトに興味がある様子の栗林。

「後半だけでここまで動きがよくなるなんて誰も読めない。大したもんです」

 

福田監督「珍しいな栗林。お前が人をほめるなんて」

 

スポンサードリンク

そして、その夜、打ち上げで焼き肉を食べに行ったアシトたち。

 

テレビでは、栗林がトップチームの試合に出場する場面が放送されます。

栗林は、初めてのJ1のステージでも臆することなくプレーをして流れをエスペリオンに変えて行きます。

 

「覚えてもらわなきゃ意味がない、、、高校生だからとか関係ないんです。ようやく試合に出られた今日、二度とベンチに下げれないよう、、、、ここにいる観衆すべてを見かにつける!」

 

その試合は、栗林の決勝点アシストでエスペリオンが勝利します。

そして、アシトは福田監督からディフェンダーへの転向を告げられます。

「お前はサイドバックのスペシャリストとして、世界に出るんだ。」

 

ショックを受けるアシトでしたが、とにかくディフェンダーとしてまた努力を始めます。

 

このとき、栗林はエスペリオンの寮にやってきて、阿久津にいいます。

「二人でよく話したよな。福田さんの野望を叶えるのにサイドバックが穴だって。」

 

 

 

アシトは、竹島に「栗林さんのプレーの中で、すぐ取り入れられるものがあるぜ。」と言われます。

 

栗林の試合ビデオを見るアシトは、首を振ることだと気づきます。

 

栗林は試合中にかなりの回数首を振っていました。

 

こうしてアシトは首振りの練習を始めます。

 

また、栗林は花の下に現れて、献立表を作ってくれと頼みます。

花の能力を認めてのことでした。

 

 

 

栗林とアシトが直接絡んでくるシーンはまだありませんが、アシトが成長していく過程で強力なチームメイトになりそうですね。

 

また、今はまだ栗林のほうが実力が上ですが、そのうちライバルとして存在するようになるのかもしれません。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
スポンサードリンク