前回は、ドルフィンズが大吾のスクイズで東斗ボーイズに同点に追いつきました。

 

その後、光がコースの投げ分けについて足の位置で眉村兄弟に見抜かれたところでした。

 

今回は、バッターは東斗ボーイズの2番セカンド平田。

 

 

東斗ボーイズベンチ。

 

「よーし。ノーアウト二塁!!」

ws000015

「平田続けーっ!」

 

渉は光を見ています。

(フフ、、、、お前の単純な制球のカラクリは発見した。)

 

光が投げました。

 

平田(アウトコースか!)

 

平田は打ちあげてしまいます。

 

これはファーストフライでアウト。

 

 

大吾「よし!」

 

 

次のバッターは3番弓削。

 

これは打ち返されますが、ライナーをとられてアウト。

ws000000

その間にランナーは3塁へ移動します。

 

大吾「今のでタッチアップか。」

 

(抜け目ないな、、でも、うまくツーアウトはとれた、、、コースがばれてても、光ぐらいの球威があれば簡単には打てないんだ!)

 

そして次はいよいよ4番の眉村渉です。

 

(、、、、そうかよ、なら、オレが仕留めるだけだ。)

 

光の一球目は外角でボール。

スポンサードリンク




 

田代「よし、いいぞ!」

 

藤井「最悪、渉は歩かせてもかまわん!」

 

大吾は、光が(ダメなら次の手を使うよ。手札はまだある、、、)と言っていたのを思い出します。

 

(どうするつもりだ光、、、、!? 渉はたぶん打ち損じてくれないぞ!)

 

 

その次に光が投げたのは、、、

ws000001

田代「あ、、あれは、、、」

 

藤井「虹ヶ丘の玉城が投げてたスローボール!!」

 

光のスローボールがストライクに入りました。

 

「あいつ、、、、いつの間にあんな球使えるようになったんだ!?」

 

大吾(光のやつ、、この日のためにイーファスの練習までしてきたのか!?)

 

 

※イーファス(スローボール)

 

 

道累(厄介だね、、、、あれを見せられると嫌でも早い球への対応が遅くなる、、、、!)

 

 

 

次の球は速球でストライクに入ります。

 

ズパアン!!といい音がします。

 

球審「ストラックツー!!」

 

スポンサードリンク

渉は、球速の変化に戸惑っているようです。

 

薫「よしっ、追い込んだ!!」

 

茂野「薫ちゃん。」

 

薫「はい?」

 

茂野「少年軟式って変化球は投げてもいいんだっけ?」

ws000002

薫「え、、、!? いえ、もちろんダメですよ変化球は。それがどうかしたんですか?」

 

次に光はまたイーファスを投げます。この球は渉がなんとかタイミングを合わせてバットにかすめます。ファールになりました。

 

田代「惜しい!」

 

藤井「かすったか、くそー!」

 

そのとき渉が言います。

 

「球審。」

 

「不正投球じゃないですか? 佐藤投手が投げてる球、、、、あれ、チェンジアップですよ!」

 

田代「何!?」

 

つづく!

 

【感想】

光の制球は足の場所でばれてしまいましたが、次はスローボールを出してきましたね。

 

今度はそれがチェンジアップと渉に言われました??

 

スローボールってチェンジアップになるんですかね?

 

ウイキぺディアで見てみると変化球扱いになっているようでした。

 

ただ、メジャーリーグでは特定の球種と言うよりも直球と同じ腕の振りから投じられる球速の遅いボール全般、ということです。

 

 

次回どうなるのかまた楽しみですね。

 

 

スポンサードリンク