前回は、光が投げるイーファスボールの投球を眉村渉が軟式少年野球で禁止されている不正投球だと言って審判に抗議したところでしたね。

 

大吾「チェンジアップ!?」

 

渉「ええ、そうです。変化球です。」

 

「佐藤投手が投げた今のゆるいボールは禁止されてる変化球だと思います!」

 

主審は塁審に声をかけて集まって相談します。

 

藤井「あのスローボールがチェンジアップだって!?」

 

田代「うーむ、、、、変化球禁止の少年野球ではあれぐらいのスローボールで緩急をつけるのは結構大目に見てもらえるんだが、、、」

ws000010

「まさか相手から抗議がくるとはな、、、、」

 

光は審判に囲まれて話をしています。

 
スポンサードリンク



光「チェンジアップ、、、!? え?そういう変化球があるんですか?」

 

「ぼくはただ、ボールに緩急つけるにはどうしたらいいかと思って、、壁宛てしながらいろいろ試した結果、、、、こうやって指をかけずに抜いて投げれば球が遅くなることがわかったから、、、」

 

 

どうやら光は自分でチェンジアップの投げ方を見つけて指をかけずに投げていたようです。

 

主審「佐藤君、故意でなかったとはいえ、、、その握りで投げるボールは返球とみなさざるを得ない」

 

「気の毒だが、今後はそのボールをなげないように。これは警告であり、再びそれを投げたと認められた場合退場処分となる。」

ws000011

審判はそれだけ説明すると田代と藤井、渉にも説明して試合再開になります。

 

渉(抗議が受け入れられたんだ!)

 

 

光(んー、切り札が使えなくなっちゃったか。)

 

(こうなったらプレートとは逆のコースにコントロールするしかない。)

 

光が投げた球はボールになります。

 

大吾(チェンジアップが使えなくなると苦しいな、、、!)

 

(プレート位置で読ませないように、手先で請求しようとしてるのか、、、!)

 

光が続けて投げた球もボールになります。

 

光(くそっ、、、やっぱり手だけでコースを狙っても全くストライクが入らない、、、!)

 

(なら、力でねじ伏せるだけだ!!)

 

光は、プレートの位置を気にせずに速球を投げます。

 

渉はそれを狙っていたようです。

 

渉はバットを振りぬきホームランを打ちます。

ws000012

東斗ベンチ「おっしゃあああ、はいったああ!!」

 

「ナイス、渉!!」」

 

スポンサードリンク

大吾「や、、やられた」

 

渉がホームベースに帰ってきます「フフ、、、これで連中も意気消沈だろ。百メートルはとんだな。」

 

次のバッターは5番ライトの高坂君です。

 

田代「うーむ、やはり眉村は抑えきれんか、、、切り替えて行けよ。」

 

 

ところが、次に投げた光の球も見事に打ち返されてホームランになります。

ws000013

まさかの連続被弾で広がる点差、、、ドルフィンズの大ピンチが続きます。

 

つづく!

 

【感想】

握り方が特殊だったので光のボールは変化球とされても仕方がないですね。

 

眉村だけに気を付ければと思っていたら、続くバッターにもホームランを打たれてしまいました。

光は、これから制球を読まれてしまいますね。

 

ドルフィンズは東斗ボーイズに勝てるんでしょうか?

 

心配ですね。

 
スポンサードリンク